職務経歴書の自己PRを効果的にアピールする方法 | 新卒就活.com

2015/11/05更新

職務経歴書の自己PRを効果的にアピールする方法

職務経歴書の自己PRを効果的にアピールする方法をご紹介します。
人気企業には多くの志望者が集まり名門大学の学生やサークル、部活動、ボランティア等で華やかな実績を持つ学生たちとの勝負は避けられません。
ここで会社側に興味を持ってもらえる職務経歴書の自己PRを書いてライバルたちより一歩前に出よう!

職務経歴書の自己PRをアピールする方法1,失敗談を利用する

young-791849_640

就職活動の初動でまず悩む人が多いのが職務経歴書の自己PRに記載する短所。
これまでの実績や長所についてはわりとスラスラ書けるのに短所となると、どこまで素直に書いていいのか、どこまでごまかしていい物なのか、と悩みペンが進まない人が多いようです。

~短所は書き方次第で長所にもなる!~

例えば「自己主張が強すぎる」が短所の場合、以下のような書き方はどうでしょうか。
『部活動のミーティングで自分にはチームワークを高めたいという熱い思いがあり、そのための案を主張しすぎてしまい、結果チームワークを乱してしまったことがありました。
この時の体験から全体の意見をよく聞くことがいかに大切かを学び、以来、周りの意見や話をよく聞くように心がけています。』

限られた職務経歴書の自己PRのスペースを活かし、短所ゆえの失敗から学んだことを逆にアピールする手もあります。

職務経歴書の自己PRをアピールする方法2,過去・現在・未来のアピール

日本人にとって謙遜は美徳という考えがあり、自分をアピールするのが苦手な人もいます。
しかしライバルたちがひしめく中、謙遜ばかりしていては損です。
職務経歴書の自己PRでは自信をもって今まで、現在、そして未来の自分をアピールしてください。

~入社後のキャリアプランを明確にする必要がある~

職務経歴書の自己PRに経験談や得意なことについては詳しく書けるのに、意外にも入社後の自分についてはぼんやりとしたイメージしか書けていない人をよく見かけます。
しかしこれではもったいないです。
例えば『入社後は御社に貢献できるよう頑張りたいと思います。』という文章と『入社後は得意の語学力を活かし海外の取引先と 強気の交渉と太い信頼のパイプを作れる営業マンになりたいです。』では会社側に与えるイメージが全然違います。
後者の方がより会社側にあなたが将来してくれることをイメージでき、華やかな経歴をもったライバルにも勝るアピールになります。

職務経歴書の自己PRをアピールする方法3,面接での活かし方

さあ、書類選考を通過できればいよいよ面接です。
言わば職務経歴書の自己PRに書いた事を証言しに行く日でもあります。
面接官からは記載した内容について色々質問されると思います。
しっかりと職務経歴書に書いた事を頭に入れて準備しておきましょう。

~書ききれなかった内容や熱く語りたい部分を用意すること!~

よく面接官から職務経歴書にすでに書いてある事を質問される場合があります。
この時に職務経歴書の自己PRと全く同じ文章を言ってもアピール力に欠けます。
ここでは職務経歴書に書ききれなかったエピソードや熱く語りたかったことを用意しましょう。
またこの時、面接官は職務経歴書に書かれていることが本当なのか大げさに書いているのかを見極めたりもします。
あなたの書いた内容が事実であれば自信をもって話してください。

職務経歴書の自己PRで重要なのは自分が働いている姿を採用担当者にイメージさせる書き方!

職務経歴書の自己PRはまだあなたに会ったことのない相手、つまり会社側に『あなたに会いたい』と思わせる武器です。
大学名や体験談だけでは選考で残れそうにない場合でも職務経歴書の書き方次第で可能性は大きく広がります。
武器を磨いて就職活動を成功に導いてください。皆さんが素敵な会社に出会えることを心より願っています。