職務経歴書は必要ないものなのか?新卒の考え方について | 新卒就活.com

2016/09/13更新

職務経歴書は必要ないものなのか?新卒の考え方について

職務経歴書は必要ないものなのか?新卒の考え方についてご紹介します。
職務経歴書は、就業した経験がある人が書く書類です。
第二新卒や、中途採用の場合は必ずといってもいいほど職務経歴書を記載します。
では、新卒の場合はどうでしょうか?
ここで職務経歴書の扱い方を知っておきましょう。

職務経歴書の必要性とは??

sketch-926667_640

就活を行う場合に必要となるのが履歴書ですが、この履歴書に似た書類で職務経歴書と言うものがあります。
企業によって職務経歴書が必要と求人に記載されていたり必要ないと記載されていたりするため、実際のところ職務経歴書は必要ないのかどうかが非常に判断し辛い所だと言えるでしょう。

~新卒の場合は基本的に職務経歴書は必要ない!~

新卒の場合、基本的に学校以外に職務経験は無いはずですので、本来であれば必要ないと言うことになります。
ですが、求人が新卒者だけでなく第二新卒者なども対象の場合には、職務経験があるわけですから必要ないと記載がある場合でも職務経歴書も提出するほうがより審査がスムーズに行われると言えます。

職務経歴書が不要の企業へ提出する場合

職務経歴書の提出が必要無い企業へあえて職務経歴書を提出する場合、その場合には必ず添え状を添えて、必要ないと記載されていたけれどあえて職務経歴書を添付したことを企業へ伝えるようにしたほうが良いでしょう。

~必ず添え状を必ず同封すること!謝罪しつつ見てもらえるようアピール~

そうしないと採用担当者の審査の手間が増えることにもなりますし、必要ないと記載していたのに送ってきたと印象を悪くする可能性もあります。
ですから勝手に送ったことを謝罪しつつも内容を見てくださいというお願いも込めて添え状を同封することは必要不可欠だと言えるでしょう。
もちろん職務経歴書が必要ない企業は、第二新卒を募集していない場合もあるので、募集内容の確認は必要です。

新卒の職務経歴書の書き方とポイント

企業に送る書類で職務経歴書がありますが、もし企業の求人に職務経歴書が必要と記載されていた場合、新卒者は職務経歴書の提出は必要ないのでしょうか。
新卒者の場合、常識的に考えれば職務経験などは一切ありませんから、当然職務経歴書を書くことが出来ないと言うことになります。

~アルバイトで得た資格や成果などを記載すると好印象!~

そう考えると新卒は職務経歴書は必要ないと言うことになりますが、もし1年以上の長期アルバイト経験などがある場合、そのアルバイトで資格などを取得したり何らかの成果をあげていた場合には、新卒者でも職務経歴書を書いて提出したほうが審査で高評価となる場合があるでしょう。
ただし短期間のアルバイトは評価の対象とはならないため記載しても意味が無いと言えます。

職務経歴書は必要ない場合でも提出することで選考が有利になる可能性アリ!

職務経歴書の提出が必要な企業にとって、職務経歴書の重要性は言うまでもなく高い物だと言えます。
その為そういった企業に関しては職務経歴書が必要ないと言うことはありませんし、それは新卒でも第二新卒でも変わらず重要なものだと言えます。

職務経歴書の提出が初めから必要ない企業であっても、企業にアピールしたい職歴やアルバイト歴があるのであれば、職務経歴書は必要ないものではなくむしろ必要なものと言えます。
もし可能であれば職務経歴書を提出するほうが良いと言えます。
可能であれば企業の担当者に前もって職務経歴書の提出を告げておくという方法が有効です。
その段階で必要ないと言われた場合は仕方がありませんが、提出OKの場合はきちんと記載して提出すると良いでしょう。