職務経歴書は必要!第二新卒が知るべき常識 | 新卒就活.com

2015/11/11更新

職務経歴書は必要!第二新卒が知るべき常識

職務経歴書は必要!第二新卒が知るべき常識をご紹介します。
職務経歴書は新卒には不要であり、書くべき内容もないものです。
ですが内定をもらえずに卒業した場合など第二新卒として就職先を探すことになります。
また第二新卒に限った募集ではない企業を志望する際は、中途採用として職務経歴書は必要になります。 
 

第二新卒でも職務経歴書は必要!

man-871960_640 (1)

職務経歴書は必要と言えるケースは、第二新卒や中途採用で応募する場合です。
新卒は履歴書で応募を行い、職務経歴書は不要となります。
第二新卒は在職期間が短いため、職歴がないから書けない!では済まされません。
一度就職をして業務に携わった以上、必ず職務経歴書は書かなくてはならないのです。
中途採用の場合は経験者のみの応募が多く、書類選考の時点で書類の作成能力見られることが多くなります。 

~在職期間に関わらず一度就職している経歴がある以上職務経歴書は必要~

応募要項自体に履歴書ではなく職務経歴書の提出が書かれていることもよくあります。
その点からも職務経歴書は必要と言えます。 
そのため、履歴書しか書けるものがない状態であっても、自分の経験を職務経歴書として書きあげる必要があります。 
アルバイトや、ネットを通したアルバイト経験など、書けることは様々です。
それが好印象になるかは別として、まずは書き上げなければ選考と言う土俵にすら上がれないのです。 
 

経験が少なくとも職務経歴書は必要!

例えば、第二新卒での中でも、少しでも就職した期間があったとしたとします。
その場合、応募要項に職務経歴書が書かれていなくても、職務経歴書は必要と言えます。 
例え短期間で会っても、正社員として働いた経験があるのなら有利になるケースが多くなります。
正社員と非正規雇用では、初期の研修にかけることコストが全く違うため、企業生活を過ごすうえで必要な基本は学んでいると認識されます。 
そういった意味では、非正規雇用の人間は、経験以外の志望動機などで強くアピールする必要があります。 

~社会人のマナーやスキルが身についているアピールにもなる!~

職務経歴書は、経歴だけでなく、自己PRや志望動機も書けるものです。 
職歴だけでなく、仕事をしたい理由が書かれた職務経歴書は必要な物であり、わかりやすく自分をまとめる基本です。 
学歴よりも実践能力が重視される社会において、職務経歴書をまとめて選考に挑むのはマナーのようなものなのです。 
経験が少ないうちはあくまで体裁を整えるために職歴を埋め、志望動機などで確実に内定を取りに行くような気迫が重要と言えます。  

キャリアが豊富な人材ほど職務経歴書は必要! 

経験が少ない場合の職務経歴書のあり方について述べましたが、職務経歴書が重要性を増すのはキャリアを積んでからになります。
例えば、勤めていた会社の名前や部署だけを書かれた用紙を渡されても、実際に何をしていたかは想像がつかないものです。 
また、転職の場合新卒採用とは違い、採用の際に重要なのはポテンシャルよりも実績の形、つまり即戦力です。
そのため、自分が実際した内容をまとめるためにも職務経歴書は必要になるのです。 

~無駄を省き要点のみをまとめる書き方がポイント!~

ポイントは適度にまとめ、省略をすることです。
要点をまとめると言うことは、実務能力で強く求められる部分でもあります。 
経験豊富な人材ほど、職務経歴書は必要なのです。 

第二新卒は在職期間に関わらず職務経歴書は必要!

第二新卒に職務経歴書は必要なものですが、経験がなければ書ける内容も少なくなります。
経験を積めば職務経歴書も自然と書けるようになりますが、それまで待てない人も多くいます。 
気迫と言うと精神論に思えるかもしれませんが、職務経歴書の筆致や、面接で伝わるものもあります。
面接や採用担当者も人間であることを忘れてはいけないのです。 
諦めない心をもった人材を探している企業も実は多いのです。