職業訓練における筆記試験・面接の対策! | 新卒就活.com

2016/09/01更新

職業訓練における筆記試験・面接の対策!

職業訓練における筆記試験・面接の対策についてご紹介します。
職業訓練についてご存知でしょうか?
ハローワークが紹介する、就職を目指した知識や技能を習得する就職訓練のようなもの。
ただし、受講するには筆記試験や面接などを突破しなければなりません。

ハローワークの職業訓練は意外と高倍率

german-shepherd-857106_640
試験を受ける地域、受講する講座により倍率は変化していきますが専門的な口座でない限り、倍率は高めとなっています。
場合によっては3倍、4倍という事もあるので、職業訓練の講座を受けるに当たっての筆記試験などを甘く見ない方が良いです。
しっかりと筆記試験対策などをして準備していきましょう。

●倍率は高め!十分な事前準備が必要!!

ちなみに試験後においても、点数や順位などは発表されませんから合格ラインが何点程度と把握する事はほぼ出来ません。
ただし受験者数に関してはある程度教えてもらう事が出来るので、職業訓練の定員数と受験者数を調べておくことで倍率や突破の難しさを計る事は出来るでしょう。
こう考えると「自分には無理かも」と思われる方もいるかもしれませんが、自分にできる事をしっかりと準備すれば大丈夫。
受験者の中には全く準備をしないで挑む人も多いので、思っているよりライバルは少ないと思われます。

筆記試験の内容と対策方法

職業訓練における筆記試験は、中学生レベルの国語や数学と言われることもありますが、厳密には少し違います。
なぜならこの試験は高校受験のためではなく、就職を視野に入れているからであり、社会人としての学力を求められているからです。
なので、問題集などを購入して対策を練りたい場合は、SPI試験用の国語や数学の問題集を購入すると良いでしょう。

●実用的な知識を計るための筆記試験!SPI試験用問題集で対策を!!

国語に関しては言語の理解や漢字テスト、文章力などが求められると思っておけば良いかと思います。
数学に関しても関数がどうこうというより、計算や表やデータからの読み取りなどがメインです。
どちらにしても職業訓練においては実用的な国語知識や数学知識を計るための筆記試験ですので、高校入試と一緒とは別物です。

就職訓練における面接の注意点

職業訓練のための筆記試験の後には、面接も控えています。
これについてもハローワークの試験だからと甘くみず、就職活動用の服装、つまりスーツを着て言った方が無難です。
実際試験会場に行くとスーツ姿ばかりが目立ち、私服で来ている方は少ないかと思います。
私服=面接落ちる、ではありませんが、無難さを考えるとスーツが最も適しています。

●服装はスーツが適切!職業訓練が必要な理由を明確にすること!

面接で聞かれることは、「なぜ受講したいのか」「職業訓練後の進路はどうするつもりなのか」などです。
彼らが選びたいのは職業訓練後に再就職できそうな人であり、筆記試験の点数が良かったとしても、人格や意欲に問題がありと判断された場合は、落とされてしまう可能性が大です。
キャリアプランをしっかりと考え、なんのために職業訓練が必要なのかを事前に考えておきましょう。

職業訓練の筆記試験はSPIの問題集で対策を!面接はキャリアプランを具体的に話すことが重要

筆記試験においては社会人に必要な学力を求められ、面接においては職業訓練後に就職できそうな人材かどうかを判断されるため、「とにかく頑張りたい」「頑張って就職したい」というだけでは試験は通りません。

こうしたことから筆記試験の準備はともかくとして、面接に不安を覚える人もおられるでしょうが、模範解答のようなものをそのまま発言しても内容が薄く印象が良くなるとは言えません。
職業訓練を受けたいと思うからには、それぞれの理由があり、目指す方向があるはずですから、まずは自分の道筋を正確に理解しましょう。
また合格した場合は、少なくとも面接官には就職できそうな人材と判断されたわけですから、自信を持って就職に向けた準備をしていくと良いと思われます。