職種「事務系」の職務経歴書の書き方とは | 新卒就活.com

2016/08/04更新

職種「事務系」の職務経歴書の書き方とは

職種を職務経歴書に書く場合、正式名称および各職種の要点を押さえた書き方が必須です。
ただ、各職種名を書くだけではもちろん足りません。特に事務系の職種は業務内容で重視するポイントが変わってくるのです。
職務経歴書の書き方の基本を見ていきましょう。

職種「事務系」は業務内容が読み取りにくい

macbook-926321_640

職務経歴書の書き方には広く幅があります。
特に事務系の職種はパッと職種名を記載されても、その業務に携わったひとでもない限り、その人がどういったスキルを持っているのかが読み取りにくいのです。
とはいえ、やってきた業務内容をすべて書き連ねた書き方では、採用側としても見にくいものになってしまいます。

~各事務職ごとの要点を押さえた書き方が必須~
採用を担当する人事側は、多くの履歴書・職務経歴書を目にすることになります。
そのため、業務内容がはっきりしており、かつひとめ見て理解できるような職種名およびそれぞれの能力が把握できるようなポイントが存在するのです。

事務系の職種(正式名)+書き方のポイントとは

では、「事務系」の職種(正式名)+書き方のポイントを具体的にお教します。
職務経歴書を書くのに迷っている方は、ぜひポイントを押さえておきましょう。

~職種「一般事務」は得意業務について記載~
これといって魅力ある書き方がしづらいのが一般事務でしょう。一般事務という職種の書き方は、『得意とする業務』に特化させることです。
たとえば、資料作成の経験を特に積んできたのであれば、「売上実績のグラフ・分析結果の資料作成等」といった書き方です。

~職種「経理」は会社規模と所属部署の人数を記載~
経理の業務内容は、決算業務(月次・年次)、税務、有価証券報告書の3つの主な業務に分かれます。
そのため、『会社の規模や所属部署の人数』についてふれていく書き方をするのが基本とされています。

~職種「法務」は勤務先の概要を必ず書こう!!~
法務の業務では、勤務先の事業内容や規模、さらに海外展開の有無が影響してくるポイントとなってきます。
そのため、『勤務先概要』についての記載が必須です。ちなみに、海外展開をしている経験をもっていると、法務としてはかなりの強みとなるようです。

~職種「人事」は会社規模と事業部人数を書くこと~
人事の仕事は大きく分けて「採用・教育」「労務管理」「異動・賃金の策定」の3つに区別することができます。
企業によっては分業化しているところもあるので、職務経歴書には必ず『会社規模と事業部の人数』にふれた書き方をしましょう。
加えて、実績や工夫してきた点などを簡潔に記載する書き方もアピールになります。

職種によって特色をアピールした書き方が必須!!

事務系職種の正式名称と、各職種の書き方のポイントについてふれてきました。
事務系の仕事は幅広くくくられており、ひとめでソレとわかる職種の書き方、業務内容のポイントを押さえた書き方が基本中の基本です。
職務経歴書を書く際には、自分の業務内容を振り返ってみてください。採用側の目線に立ったとき、どういった書き方をする必要があるのか……、
採用につながるような職務経歴書にするように心がけましょう。