あなたのセールスポイントは何?発見方法と最大限に伝える書き方 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

あなたのセールスポイントは何?発見方法と最大限に伝える書き方

企業の採用選考のために提出する履歴書やエントリーシートは、人事がその人がどんな人なのか知るための重要な書類となります。その為エントリーシートや履歴書に記載する自分のセールスポイントを上手く書けるかどうかで、企業に与える印象も大きく変わります。

ここでは、セールスポイントの発見方法と最大限に伝える書き方をご紹介します。

自分のセールスポイント≠長所

roses-828945_640

自分のセールスポイントを企業にアピールする書き方で大事なのは、自分のセールスポイントが企業に対してプラスになるものであるかどうかということが重要です。そのため、自分のセールスポイントを活かす書き方としては、自分の長所がどのように作用して企業に対してのセールスポイントになるのかということを考える必要があります。

よく長所=自分のセールスポイントと勘違いしている人がいますが、自分のセールスポイント=長所ではありません。
長所を活かし、それにより出来ることを伝えて、はじめてあなたのセールスポイントが面接官に響くのです。

分かり易く言えば、「自分の長所は誰とでもすぐ打ち解けることが出来る」ことだとすると、それをアピールしても企業側は「だから何?」と考えてしまうかもしれません。

セールスポイント⇒仕事で活かせる自身の強み

その長所を活かして「打ち解ける性格で、他の社員との連携などもスムーズに出来ます」とか、営業職であればどのような顧客とも話ができ、企業の営業成績を向上できますというほうが、企業側から見てもプラスになると感じるのではないでしょうか。

要は具体的な事柄を自分のセールスポイントの中に盛り込んだ書き方が必要になるのです。

自分のセールスポイントを見つける方法とは?

1

自分のセールスポイントを効果的に書くには、まず自分自身を知ると言うことから始めないといけません。

自分のことを客観的に見て、そこから自分の長所や短所をきちんと把握しないと、セールスポイントが何かを企業に示す書き方はできません。

自己分析から適性のある仕事を見つける

自分で思っている長所が実は周りから見れば短所だったり、短所だと思っていた部分が見方を変えれば企業の仕事にとっては長所になり得るということもあるわけです。そのため、まず自分のセールスポイントを的確につかむために、自己分析を行い長所や短所、性格から向いている仕事などを判断します。

その仕事に対してセールスポイントがあるかを見つける

その仕事に対してどのような自分のセールスポイントがあるのかを見つけます。企業にこの人材なら役に立つ働きをしてくれるのではないかと、確信させる必要があるのです。

自分のセールスポイントの書き方

1

自分のセールスポイントをアピールする書き方では、順序立てて書くとことが重要です。

いきなり「○○がセールスポイントです」と書いても、何故それが自分のセールスポイントとなるのか分からりませよね。ですから、自分の長所は○○で、それにより学生時代どのようなことがあったのか、その時に長所がどのように働き、セールスポイントとなるような事柄が起きたのかどうか、という具合に、実体験を交えた書き方で順序立てて自分のセールスポイントを説明していくことが大切だと言えます。

企業に役立つ能力だと伝えることが大切

最終的にセールスポイントを企業のために活かせると言った締めくくりで終えましょう。その文章を見る採用担当者も納得のいく説明になるのではないでしょうか。

自分の持っている能力が本物であり、どれほど魅力的であるかを伝えましょう。

まとめ

1

自分のセールスポイントの書き方は、漠然とした内容や曖昧な内容だと見る人の心に全く響かないと言えます。

そのため、実体験を交えて長所がなぜ自分のセールスポイントになり得るのか、根拠となるエピソードを明確にしましょう。分かり易く説得力のあるセールスポイントを伝えてくださいね。