自分のセールスポイントを上手に売り込む方法 | 新卒就活.com

2016/09/13更新

自分のセールスポイントを上手に売り込む方法

自分のセールスポイントを上手に売り込む方法をお教えします。
自分のセールスポイントの売り込み方を知っていれば、効率的に就職活動を進めることができますよ。
ぜひ、自分のセールスポイントの売り込み方を知って相手に効果的に自己PRを行ってゆきましょうね。

自分のセールスポイントを売り込む方法1,得意なことを伸ばし苦手に挑戦

path-845495_640

就職試験では自分のセールスポイントをいかに上手くアピールできるかが重要になります。
履歴書や職務経歴書でも、大いに自分のセールスポイントを出していきたいものです。
自分の得意な分野や長所などを生かして、就職活動に役立てたいものです。

また、面接では自分の長所や短所の質問を聞かれることが多く、日頃からどのように回答するかを考えておくことが必要です。
長所は自分のセールスポイントにつながります。

~苦手なものも好きなことから入れば伸ばすことが可能~

そのため、普段から自分のセールスポイントを意識して、それをさらに伸ばすようにしていくと良いかもしれません。
人は好きなことや得意なことに関しては、苦手なことよりも比較的楽に伸ばすことができます。
また苦手なことも好きなことから入ると、見え方が変わってきて、意外と受け入れやすくなるようです。

自分のセールスポイントを売り込む方法2,自分の強みをアピール

自分のセールスポイントが応募する企業の即戦力につながっていくことが一番理想的かもしれません。
自分のセールスポイントがいかに企業に役に立っていくかを繋げながら話をしていくとより効果的です。

誇大表現に語ることはありませんし、事実に沿わない説明は良いことではありません。
しかし、自分の強みが企業に貢献できるという糸口を掴んで、それを説明できるようになれば説得力は高まるでしょう。

~企業に対して意欲的だということを示すアピールをすること~

これは自分がこの企業に対して非常に意欲的だということを示すアピールにも繋がります。
自分のセールスポイントはスキルやキャリアでもあるでしょう。
自分のスキルやキャリアをアピールすることにもつながっていきます。
爽やかなアピールができたら、かなり好印象をもたれるかもしれません。

自分のセールスポイントを売り込む方法3,疑問点・不安点は相談する

しかし、自分のセールスポイントを採用担当者に押し付けるような態度では、かえって印象が悪くなってしまいます。
履歴書や職務経歴書などの書類でも面接でも、適度にアピールできることが重要です。

~客観的に自分を見ることにより成功への道筋が見える~

上手に自分のセールスポイントを伝えていくことは案外難しいことかもしれません。
もし、自分のセールスポイントをうまく伝えることが難しいと思ったら、就職セミナーや専門の指導者などに質問してみるのも良いでしょう。
客観的に自分を見ることによって、問題点が見つかり、成功への道筋が見えてくるかもしれません。

自分のセールスポイントや強みは人それぞれ違うものです。
違うからこそいろいろな強みが合わさって企業は成長していけるものです。
自分を信じて強みは今後もさらに伸ばしていくようにしたいものです。

自分のセールスポイントを売り込むには様々な角度から自分を見直すのが大事

自分のセールスポイントはスキルであり、キャリアであり、また性格の長所でもあります。
性格の短所は自分がそう思っていても、角度を変えて見てみると、短所も長所になるかもしれません。

物事の見え方は一通りではありません。
いろいろな角度から見ることによって新たな可能性が見えてくるものです。

ともすると、人から受ける評価によって自分を判断してしまいがちです。
しかし、もっと広い視野で自分を見つめなおすことができれば、一見少なそうな自分のセールスポイントもたくさん見つかるかもしれません。

自分の得意なことや長所だけではなく、苦手なことや短所だと思えることにも違う角度から目を向けてみると良いでしょう。
今まで見えなかった新たな発見があり、自分のセールスポイントに変わっていくかもしれません。