自分のセールスポイントが分からない人必見!3つの例から見る突破口 | 新卒就活.com

2016/09/07更新

自分のセールスポイントが分からない人必見!3つの例から見る突破口

自分のセールスポイント例を使って面接を突破する方法についてご紹介します。
自分のセールスポイントを把握すること就職活動するうえでとても重要です。
自分のセールスポイントは要は自分自身のアピールポイントでもあるのです。
自分のセールスポイント例をみていきましょう。

自分のセールスポイント例1,長所

sidewalk-657906_640
面接では必ず長所や特技と言った質問で、その人のセールスポイントを聞かれます。
採用担当の方は、それらの答えを参考に採用の判断材料とします。必ず聞かれる内容ですが、自分のセールスポイントをすんなり応えられる人は、少ないものです。
そこで長所(性格)、特技(能力)、経験(バイト・サークル)の3つの分野に分けて、それぞれの参考になる自分のセールスポイント例を挙げてみました。まずは、自分の長所に関するセールスポイント例をご紹介します。

【長所から探す自分のセールスポイント例】

・コミュニケーション能力に自信がある、または人と話すのが好き
・相手の立場にたって物が考えられる
・人や状況に合わせて対応でき、柔軟性がある
・コツコツする作業が好きで、根気がある
・責任を持って物事にあたれる
・はっきり意見が言える。自分の考えがある
・自分から積極的に取り組める
・周りとの協調性がある
・目標を持って取り組める
・時間を厳守できる etc…

まだまだたくさんの長所があるでしょう。どんな事でも長所はセールスポイントになります。上記の例を参考に探してみましょう。

自分のセールスポイント例2,特技と趣味

人には様々な特技や趣味があります。パソコンスキルや英語能力など直接仕事に活かせるような特技もありますし、絵画や書道など趣味的な特技もあります。
趣味的なものでも、長年続けた経歴や何かに打ち込む情熱は、その人の能力とも言え、大きなセールスポイントになります。そこで特技についての、自分のセールスポイント例を以下にご紹介します。

【特技から探す自分のセールスポイント例】
・プログラミング、サイト制作、ブログ投稿などパソコンスキル
・英会話能力、その他の語学
・スピーチコンテスト歴
・スポーツ関係の特技
・写真、絵画など趣味の特技
・読書、映画・音楽鑑賞
・旅行、アウトドア活動
・小説などの執筆の特技
・その他、各種の資格 etc…

~特技と趣味でなにかに夢中になる熱意や継続性をアピールできる~

特技・趣味の場合は仕事に関連したものも、そうでないものも具体的に話すことで興味を持って聞いてもらえます。
また、仲間と一緒に行うようなものは、人との関わりにも関連するので、セールスポイントとして活かしましょう。

自分のセールスポイント例3,経験

学生時代には、バイトやサークル活動などといった人との関わりに関する経験をするケースが多くあります。
それらの活動によって得た経験は、面接の際の自分のセールスポイントとして大いに活かせる内容です。
面接担当の方も、そのような活動は好印象に感じ興味が湧きやすいものです。
そこでエピソードを交えた自分のセールスポイント例を以下にご紹介します。

【経験から探す自分のセールスポイント例】
・バイト先の仲間と協力して仕事をやり遂げた話
・バイト先での問題点を解決したエピソード
・バイトで知った、自分の長所
・バイトで学んだ人生の経験
・サークル活動における活躍エピソード
・サークル活動で知った、自分の長所
・サークル仲間との繋がりにおけるエピソード etc…

~長所に繋がるようなエピソードを話すと効果的~

社会人になる前に、人との関わりを通じて学んだ経験を、上手くセールスポイントに繋げてアピールしましょう。
何か学んだことや、自分の長所に繋がるようなエピソードがあると説得力があります。

自分のセールスポイント例を把握するためのは自己分析をおこなうこと!

以上のように、長所、特技、経験と言った内容から、面接に役立つ自分のセールスポイント例を挙げてみました。
これらを参考に、自己分析を行って面接の前にしっかりセールスポイントを準備しておきましょう。
上記の自分のセールスポイント例以外にも、その人独自のアピールできる点がたくさんあるはずです。
採用担当の方は、セールスポイントをしっかり話せる時点で好印象を抱きます。

自分自身の分析をしっかりできるということは、会社で働く上で、特に大切なポイントです。
なぜなら自己分析できれば、柔軟な対応が可能と捉えるからです。
採用担当の方は、仕事の能力と同様にセールスポイントに注目しているのです。
好印象を与えるようなセールスポイントを準備して、採用を勝ち取りましょう。