自分のセールスポイントが分からない人必見!3つの例から見る突破口 | 新卒就活.com

2016/09/07更新

自分のセールスポイントが分からない人必見!3つの例から見る突破口

自分のセールスポイント例を使って面接を突破する方法についてご紹介します。
自分のセールスポイントを把握すること就職活動するうえでとても重要です。
自分のセールスポイントは要は自分自身のアピールポイントでもあるのです。
自分のセールスポイント例をみていきましょう。

自分のセールスポイント例1,長所

sidewalk-657906_640
面接では必ず長所や特技と言った質問で、その人のセールスポイントを聞かれます。
採用担当の方は、それらの答えを参考に採用の判断材料とします。必ず聞かれる内容ですが、自分のセールスポイントをすんなり応えられる人は、少ないものです。
そこで長所(性格)、特技(能力)、経験(バイト・サークル)の3つの分野に分けて、それぞれの参考になる自分のセールスポイント例を挙げてみました。まずは、自分の長所に関するセールスポイント例をご紹介します。

【長所から探す自分のセールスポイント例】

・コミュニケーション能力に自信がある、または人と話すのが好き
・相手の立場にたって物が考えられる
・人や状況に合わせて対応でき、柔軟性がある
・コツコツする作業が好きで、根気がある
・責任を持って物事にあたれる
・はっきり意見が言える。自分の考えがある
・自分から積極的に取り組める
・周りとの協調性がある
・目標を持って取り組める
・時間を厳守できる etc…

まだまだたくさんの長所があるでしょう。どんな事でも長所はセールスポイントになります。上記の例を参考に探してみましょう。

自分のセールスポイント例2,特技と趣味