自分を活かせる職務とは? 仕事例まとめ | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自分を活かせる職務とは? 仕事例まとめ

自分を活かせる職務とは何でしょうか。
そのポイントをまとめました。長引く不況が続き、学生さんの就職戦線は氷河期とも言われます。
これから社会に出ていき皆様は夢や希望とともに、不安や迷いに包まれていることと思います。ここでは対策とともに将来を見据えた就職を考えていきましょう。

職務とは何か?

cc-library010009534

一人の人間として社会に出て役立ちある職業を任務することです。
世の中には様々な職種があり、自分に何があっているのか、何がやりたいのかを充分に考えていく必要があります。
例を交えて、検証していきましょう。

職務の例1,会社員

一番典型的なパターンである会社に雇われて働くことで多くの方がこのパターンでの働き方となります。メリットは基本的な組織が元からあるので、与えられたポジションでの役割をしっかりとこなしていくことです。デメリットは会社の方針に全面的に従っていかなければいけないので、自分の考えを押し通したり、野心のある方は衝突してしまいがちなので注意しましょう。
会社員としての職務とは一構成員として会社のために役立つことです。

職務の例2,公務員

言わずと知れた国の業務を担当するポジションです。
公務員といっても広く役所勤務から、市の掃除担当、教員など幅広い職種があります。いずれも職務を全うし国のために働くというのが基本姿勢です。
メリットは仕事が常に有り、安定が求められるというのが一番に挙げられるでしょう。国が滅びない限り職はありますので1番安定した仕事と言えるでしょう。
デメリットはやはり自分の個人的な意見は入れにくいという点でしょう。役割を理解し堅実に業務をこなせる方には最適です。
公務員の職務とは国のために役立つということです。

職務の例3,自営業

自分でビジネスをお越し、自力で運営していく働き方です。近年はパソコンの普及により仕事の仕方も多様化しており注目を集めています。どちらにせよ大事なのはニーズがあるか?という点を見極めてビジネスになる展開をしなければなりません。メリットは自分のペースでできるのでゆとりをもってマイペースで仕事ができるという点です。デメリットは全て自分で行わないといけないので時間、経費ともに現実は厳しい面もあるということを自覚しておきましょう。
自営業の職務とは自分のサービスをお客さんに必要とされ選ばれる必要があるということです。

職務の例4,フリーランス

広くは自営業ですが特定の店舗を持たず、まさに腕一本でいきるということです。実にいろんな分野でフリーランスの方が活躍されています。

職務の例5,ミュージシャン

個人活動により生計を立てます。ミュージシャンの職務とは生活に潤いを与える音楽を提供するということです。

職務の例6,アナウンサー

各種アナウンス業務を行います。アナウンサーの職務とは情報を的確に伝え人々に分かりやすく伝えるということです。

職務とは自分に合った仕事のこと!!例を参考に選ぶこと

職務とは自分に合った仕事のことです。ここに記載された例を参考に、自分に合った仕事を選んでみてはいかがでしょうか。
これから就職される皆様は例を参考に自分らしい道を探して欲しいと思います。迷ったら職務とは、何度も自問自答すれば自ずと道が見えてくると思います。頑張ってください。