自己分析から自己PRを発見して書きあげるための秘密の方法3選 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己分析から自己PRを発見して書きあげるための秘密の方法3選

就活では、自己分析をした上で自己PRをした方が、より説得力のある自己PRができるようになり、印象が良いです。
ですが、そうして自己PRに使えるように自己分析をしていくためには、自己分析の段階から工夫が必要です。
そこでここでは、就活の自己PRに使える自己分析の仕方を紹介します。

自己PRは何故聞かれる?

question-1500082_1920

エントリーシートでも、履歴書でも、面接でも、必ずと言っていいほど聞かれるのが、自己PRです。なぜ、こんなににも、質問頻度が高いのでしょうか?
その理由をまずは知ってから、自己PRの作成に取り掛かった方が、手っ取り早いです。

人柄や今後の可能性をみるのに良い判断材料

自己PRを聞く企業の考えとしては、その人の人柄や将来の可能性を見るためです。企業も何も考えずに質問をするわけではありません。質問する背後には、必ず何らかの思惑が存在します。そのため、待ちわびた答えを出せるようにするのも対策になります。

自己分析から自己PRを探す方法1,性格とキッカケ

ring-948010_640

就活での自己PRに使える自己分析としてまず必要なことは、自分の性格と、その性格の元になっているであろう、きっかけについて記載していくことです。
人格が形成されるには必ずきっかけがあるものです。ですから、自覚している性格を全て書き出し、そのきっかけとなる出来事を探してみてください。

年表にして考えるきっかけがわかりやすい

きっかけが分からないというのであれば、自分に起こった出来事を全て年表にして書きだしてみるというのが良いです。そうすることにより、どんなきっかけが原点となっているのか、ということが分かるようになっていくでしょう。
逆に出来事をきっかけに性格が分かっていくということもあります。年表にするというのは、自己PRに使える自己分析のやり方としておすすめの方法です。

性格が構築されるまでのきっかけが分かると、採用担当者からすると、その人の人となりが分かるので、良い判断材料になるのです。

自己分析から自己PRを探す方法2,得意なことの根拠

mexico-88768_1920

性格について記載していったら、自己分析では次に得意なことについて記載していく必要があります。
得意なことをできるだけたくさん考えてみて、なぜそれが得意なのか、それを習得するためにはどのくらいの努力があったのか、というエピソードを一つ一つに付けていきましょう。

そうすることで自己PRで突っ込まれた時にもスムーズに答えられるようになり、説得力が増していくでしょう。

得意なこと・苦手なことは同時に考えよう

別段自己PRで苦手なことに言及することはないかもしれませんが、得意なことを考える際には、苦手なことも考えておいた方が良いです。
ですから、自己分析では苦手なこととそのエピソードも記載していくと良いでしょう。
その中から裏返せば長所になるようなことが見つかれば、長所にも短所にも使えます。
また、「短所は?」と質問されてた時に答えることができるでしょう。

自己分析から自己PRを探す方法3,将来のビジョン

globe-1130870_1920

自己PRに自己分析の仕方として最後にやるべきことは、人生の出来事から将来どうしたいかを見つけるということです。
自分が好きなことや、自分が得意なこと、あるいはその逆の事を考えていくうちに、人生の中で大切にしたい価値観や、将来どんな風になっていたいかが見えてきたはずです。
それはそのまま志望動機になったり、自己PRに使えたりします。ですから、過去を見つめながら最終的には将来のことを考える。それが自己分析です。

未来の年表も作っておくと吉!

将来のビジョンは具体的にしないと、自己PRにはつかえません。具体的にしていくためには、未来の年表も作っておくと良いでしょう。

未来のことを年表にして書きこんでいくと、自然と何年後にどうなっているか具体的に描けるようになります。
ですから、自己分析をする際には、未来の年表も作るようにしてください。

多くの就活生は、なにかしらの事柄に対して、個別で自己分析していく傾向にありますが、本来は人生という一本の道からみて、全てリンクしているようにしておくと、いいです。

自己分析から自己PRの探す際は過去・現在・未来の年表を作る方法がおすすめ!

u-leg-bridge-1370430_1920

以上、就活の自己PRに使える自己分析の仕方のご紹介でした。紹介したような方法で、自己分析をしていけば、よりよい自己PRが出来るようになるでしょう。

ポイントは、過去・現在・未来の年表作りです。企業が質問してくる質問も過去・現在・未来に沿っています。突拍子もない質問が来ても、この年表を作っておけばしっかり答えられるようにします。自己PRだけに役立てるのではなく、他の質問に対しても有効活用していきましょう。

自己PRは就活においてはとても大切なところですので、こうして強い自己PRを作り上げていってください。