自己分析から適した職業を探す3つの方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己分析から適した職業を探す3つの方法

自己分析から適した職業を探す3つの方法をご紹介します。
自分に適した職業につくというのは、誰もが憧れるものです。
それができれば毎日の仕事がツラいものとなることもないでしょう。
しかし、自分に適した職業を見つけるというのは中々難しいです。では以下で、適した職業を見つけるための自己分析の仕方を見ていきましょう。

自己分析から職業を探す方法1,得意なことを書き出す

human-765687_960_720
適した職業を見つけるための自己分析としてまずは、自分が思う自分の得意なことをかたっぱしから書いていっていください。
そしてそれをたくさん書いたらなぜそう思うのかという、それが得意だと証明するようなエピソードを書いていくのです。
するとそのエピソードの中から本当に自分が得意なことがみえてきて、適した職業を見つけることが出来るでしょう。

●得意なことを証明するエピソードを書くこと

たとえば「接客が得意」と書いて、それを証明するエピソードを書いていくとします。
そのエピソードが「接客して、お客様にアドバイスをするのが楽しくて、それを喜ばれることが多かったから、接客が得意だと思った」というエピソードだったとしたら、それは本当は「人にアドバイスをするのが得意」となるのです。
このように、得意なことからエピソードを書いていくという自己分析をすると、本当に得意なことがみえてきます。

自己分析から職業を探す方法2,得意なことを活かせる場所を探す

こうしたやり方の自己分析で本当に得意なことがみえてきたら、それを活かせる職業を幅広く書きだしていってください。
得意なことも一つではないでしょうし、それを活かせる職業というのも一つではないでしょうから、いくつかそうした職業を書いていくことになるでしょう。
ですが、ここではたくさん書いていくというのがこの自己分析のやり方なので、出来る限りかきだしてみてください。

●やりたくない職業も書いていくこと!

あまりやりたいと思うような職業でなくとも、きちんと書きだしていきましょう。
好きかどうかと向いている職業かどうかというのは別なことです。ですから、たとえ好きでないと思っても、この段階ではきちんと書いていくべきです。
向いていれば好きになることもありますから。

自己分析から職業を探す方法3,多く名前が挙がったものが適職

そうしてたくさん職業を書きだしていき、最後に、その自己分析であがった名前を確認します。
そこで一番名前が挙がった職業が、自分が向いている職業だということになります。これで自己分析は完了です。活かせるポイントが一番多いということなのですから、どう考えてもそれが一番向いている職業ということになります。

●活かせポイントが多い=向いている職業

アピールポイントを活かせるということで名前がたくさん上がったのですから、その分だけアピールポイントも多いということになります。
ということはどういうことかと言いますと、アピールがしやすく魅力的に思ってもらえやすいということでもあるのです。
つまり、選考に通りやすいということです。それはこちらにとっても魅力的ですね。

自己分析で適した職業を探す際は「特技」の根拠から活かせる強みを探すこと!

以上、適した職業を見つけるための自己分析の仕方の紹介でした。こうして向いている職業を見つけて、一つの指針にしていくと良いでしょう。
こうした自己分析は、やって損をするということもありません。
しっかり時間をかけて自己分析をおこなっていってください。