自己分析から適性に合う会社を診断する方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己分析から適性に合う会社を診断する方法

自己分析から適性に合う会社を診断する方法をご紹介します。
自分に合う会社を、膨大な数の会社の中から見つけていくというのは、決して簡単なことではありません。
上手く自己分析していかないとなかなか適性に合う会社を見つけることは難しいでしょう。
以下で自己分析から自分に合う会社を見つけていきましょう。

自己分析から会社を診断する方法1,3つの項目を作成する

leaves-1051937_960_720
自分に合う会社を診断するための自己分析のやり方としては、まずは3つの項目を作成するようにしてください。
3つの項目とは、「出来ること」「やりたいこと」「入社後にやらないとならないこと」です。
これらの3つの項目の全てが揃う企業があれば、それは間違いなく自分にあう企業だと診断できるでしょう。

●特に「やりたいこと」「入社後にやらなくてはならないこと」は重要!

これらの3つの中でも特に後の2つの項目は重要です。
やらされることとやりたい事があって入れば多少ツラいことでも頑張れますし、辛く感じることも少ないでしょう。
それはつまりその企業は自分に合っていると言えますよね。
ただ最後の一つはある程度企業が定まってからでないとわからないですから、まずは先の2つを自己分析してください。

自己分析から会社を診断する方法2,年表を作成する

もしやりたいことと、出来ることがよく分からないというのであれば、自分だけの年表を作るようにしていきましょう。
それも1つの自己分析のやり方です。
これと3つの項目での自己分析を組み合わせることで、より良い診断が出来るようになるでしょう。
そんな年表とはどのようにして作成していけば良いのでしょうか。

●年代ごとに箇条書きで作成していく方法がオススメ!

自分だけの年表の作り方というのも、決して難しい話ではありません。
幼少期から今までの、自分の歴史を書いていけば良いだけですから。
年代ごとに箇条書きしていく、教科書でよくみる年表のようにして作成していくと良いでしょう。
それを見ていくことで、改めて自分に何ができて、何がやりかかったのかということが診断できるはずです。
時間は多少かかりますが、やる価値は必ずあると言えます。

自己分析から会社を診断する方法3,自問自答を繰り返す

年表を作った時にもそうですしやりたいことや出来ることを書き出す時にもそうですが、「なぜ」で補足していくとより完璧な自己分析が出来るようになります。「なぜ」と自問自答することで自己分析の診断がどんどん深くなっていくのです。ですから、逐一「なぜ」と突っ込んで自問自答してください。

●思いつく限り「なぜ」を深掘りをしていこう!

「なぜ」を使った突っ込み方の例を挙げてみましょう。
年表に○○というアルバイトを始めたという欄があったとしたらそこに、「なぜ」アルバイトを始めたのかということを書いていくというだけです。
出来ることなら「なぜそれができるのか」「なぜそれをはじめたのか」と深く突っ込んでいけますね。

思いつく限りどんどん深掘りをしていき、より完璧な診断の出来る自己分析をしていってください。
そうすることで自分の仕事に対する価値観だったり、強みや弱みを知ることができるのです。

適性のある会社を診断するための自己分析は3つの項目を軸に自問自答を繰り返すこと

自分に合う会社を診断するための自己分析のやり方としては、以上のとおりです。
自己分析をする上で重要な3つの項目は「出来ること」「やりたいこと」「入社後にやらないとならないこと」です。
この項目を軸に「なぜ」と自問自答を繰り返して、仕事に対する自分の価値観を明確にしましょう。
こうしたやり方の自己分析には時間もかかります。
ですが、時間をかけた分だけより良い診断が出来るようになるので、しっかりと時間をかけて自己分析していってください。