自己分析とは?就活で必要な理由とその方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己分析とは?就活で必要な理由とその方法

自己分析とは就職活動を行う上で必ず必要になってくるものです。
自己分析をしなくてはいけないことはわかっていても、どのように自己を分析すればいいのか判らないまま、就職活動を始めてしまう人は多いでしょう。
ここでは自己分析とは具体的にどのようにすれば良いのか、以下で見ていきましょう。

自己分析とはなぜ就活で必要なのか

jelly-fish-398224_960_720
就職活動では様々な活動を行います。企業へのエントリー、説明会、筆記試験、面接などなど様々です。
「どの企業に応募しようか」「自己PRを考えなくてはいけない」「志望動機も考えなくてはいけない」初めてのこともあり、毎日が慌しくなりますね。
最初に自己分析をするべきだと言われても、何をすればよいか分からない。結局目に見える成果の出る企業へのエントリーや、説明会への参加が優先になりがちです。

●自分が向いている仕事を探すには自己分析が必要不可欠!

しかし闇雲に会社にエントリーをして、説明会に参加して、非効率だとは思いませんか?
自分に合う業界や企業をピンポイントで見つけてからの方が、時間と労力の省力化に繋がります。
自分に合う会社を見つけるためには、まず自分を知らなくてはいけません。そのために自己分析を行うのです。
自己PRも志望動機も、自分自身のことを分からないまま作ってしまうと、一貫性のない説得力のないものしか作れません。
就職活動の全ての活動は、綿密な自己分析によって効率的に行うことができます。
自己分析とは就職活動における全ての活動の根拠となりえます。

では具体的に、自己分析に必要な要素とはどのようなものがあるのでしょうか。次でみていきましょう。

自己分析で探す3つの要素

自己分析をする際に重要なポイントは以下の3つになります。

●自分の強み
●どのような人物になりたいか
●どのように会社や社会に貢献したいか

自己分析で上記の3点を知る事ができれば、自己PRや志望動機、その他面接の質問にも対応する事ができます。
勿体無い自己PRをする人がいます。自分の強み、どのような人物になりたいかまでは話しているものの、どのように会社や社会に貢献したいのかを盛り込めてない自己PRです。

例えばこのようなものです。
「私は周りの事がよく見え気配りができます。将来は職場メンバーが気持ちよく仕事が出来るよう、創意工夫できる社会人になりたいです。」

強みは分かります。将来の自分像も分かります。しかし会社や社会にとってどれ程のメリットがあるのか伝わってきません。入社が目的の就職活動だと捉えられてしまいます。
ですからプラスアルファで以下の分を付け加えてみましょう。
「自分の強みを活かして、会社や社会を〇〇〇〇のようにしたい。(具体的に!)そのために御社でないといけないのです」

●自己分析をすれば質の高い自己PRや志望動機を作ることが可能になる!

ここまで伝えると、社会貢献が目的で入社が過程の就職活動だと伝えることができます。
どちらの人材がより魅力的でしょうか。社会貢献が目的の人の方が、入社後もモチベーション高く仕事をしてくれそうですよね。
自己分析をしっかり行うことで質の高い自己PRや志望動機を作ることが可能になるのです。
とは言うものの、自己分析は簡単には出来ません。そこでちょっとしたテクニックをお伝えします。

自己分析を深めるテクニックとは?

例えばきっかけとして、あなたが「建築業界を志望したい」と考えたとします。
「なぜ建築業界なのか?」と自分自身に問いかけましょう。
その理由が「子供のころから家を見るのがすきだったから」と考えたとします。
「なぜ家を見るのが好きだったのか?」と自分に問いかけましょう。このように自己問答を繰り返していきます。

「間取りを見るとウキウキするから」「なぜ間取りを見るとウキウキするのか」
「その家での生活を想像できるから」「なぜ生活が想像できたらウキウキするのか」
「この部屋でご飯を食べ、この部屋で寝て、ベットはこの位置において想像できるから」「なぜそれが想像できるとウキウキするのか」
「この部屋で生活する幸せを想像できるから」
ここまで来ると、あなたが家の間取りをみて人生の幸せを想像できる人だということが分かります。
それがあなたの強みです。このまま自己問答を続けます。

「なぜわざわざその幸せを仕事にしたいのか、一人で間取り図をみて楽しむむだけではダメなのか」
「人々にその人に合った家を提供することで、より多くの人たちを幸せにしたいから」

●自己分析とは全ての事柄に対して自問自答していくこと!

ここまで来ると、どのように社会に貢献したいかまで窺うことができます。
分かりやすくするため極端な例を出しましたが、このように「なぜ?なぜ?」と自己問答することで、自己分析を深めることができます。
自己分析とは、心の奥底に眠る自分の気持ちを見つけることなのです。

自己分析とは自問自答を繰り返すことで自身の価値観や強みを知ることができる!

自己分析とは、自分自身を理解することです。
何に興味があり、どのような強みがあり、どのような生活を望み、どのように会社と社会に貢献したいのかを根拠をもって話せるように、自分自身を深めていきます。
しっかりと自己分析ができれば、面接官の難しい質問にも難なく答えるのも可能になります。
また入社後の業務と自分のやりたいことへのミスマッチを防ぐことも可能です。
よりよい自己分析を行うことで、就活の舵取りも上手くいくようになりますよ。