自己分析における長所と短所について | 新卒就活.com

2016/09/07更新

自己分析における長所と短所について

自己分析における長所と短所についてご紹介します。
自己分析は就職活動には欠かせないものです。
就職活動とは自分を売り込むことです。
ですから自分の長所と短所を知らなければ、自分という存在をアピールできないことになります。
就職活動を成功させるためにも就活生は必ず自己分析を行いましょう!

自己分析を行う目的とは??

就職活動における自己分析は、面接を行う上で非常に重要なウェイトを占めます。
必ず事前に自己分析を行い長所と短所を自分自身で把握しておく必要があります。

~自己分析は職種への適応力も知る上で重要!就活生は必ず行うこと~

自己分析を行い長所と短所を客観的に見ることにより、自分が向いている職種なども自然と浮かび上がってきます。
ですから、自己分析の結果によってどのような職種を選べばいいのか、どういった職場なら自分を活かすことができるのかが如実にわかるようになります。
自己分析は職種への適応力も知る上で重要な分析となりますから、就職活動を行う就活生は必ず実施するべき分析だと言えます。

長所・短所の特性について

自己分析で長所や短所が分かった場合、それをどのようにアピールするかが面接で好印象を与えるかのカギとなります。
自己分析で分析して出た長所や短所は、逆を返せば長所が短所になり得る場合もあり、逆に短所だと思っていた部分が職種によっては長所になることもあります。

~長所と短所は表裏一体!~

そのため自分の目指す職種において自分の長所が果たして本当に長所となるのか、短所のほうがその職種で活かせるのか分析しておく必要があります。
長所と短所は表裏一体であることを自分自身で分かった上で、面接時のアピールに使用すると良いのではないでしょうか。

長所・短所の活用方法とは??

自己分析で自分自身を分析して得られた長所や短所というデータですが、表裏一体であることは説明した通りです。
例えば何事も迅速にこなすと言う長所は、逆に言えば気が短いということになります。
直感で動く、閃きで動く、独創的という長所は、自分勝手で協調性が無いという短所にもなり得ます。

~自分の希望する職種が長所と短所どちらで活かせるのか分析すること~

そのため自分では長所だと考えていた部分が、職種によっては大きな弊害を生むこともあるのです。
自分の長所や短所が周りから見てどう見えるのか、会社に入った場合にどう良い方に働くのかを考える必要があります。
自己分析とは長所・短所だけでなく、それをどのように活かせるのか分析して面接などに生かすために必要だと言えます。

自己分析で分かった短所と長所はあくまで自分の一部!トータルでアピールしよう

自己分析で長所や短所を把握して、それを活かした面接の傾向と対策を練ることは、面接で成功するためには必要なことだと言えます。
確かに自己分析で分かった長所や短所は、面接官やエントリーした企業へのアピールに繋がる場合が多いと言えます。

しかし企業はエントリーした人の長所や短所だけで採用を決めるわけではありません。
長所や短所はあくまでも自分の一部として考え、トータルし自分自身を表現できるようにしておくことが必要になってきます。
その点もしっかりと考えて、自己分析した結果を活かせる努力することが重要だと言えるでしょう。