自己分析の方法で押さえるべきポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己分析の方法で押さえるべきポイント

自己分析は社会人になるために必須!その方法についてご紹介します。
社会人になるために、就活をしていると、”自己分析”という言葉をよく耳にしますよね。
そんな就活に欠かせない自己分析ですが、具体的にどんな方法で行っていくのが良いのかをお教えします。

自己分析方法1,過去を振り返る

cretaceous-610146_640

自己分析をするために、自分の今までの歩みについて振り返ってみるのはとても大切なことです。
自分の性格やスキル、好きなことなどのルーツはいったいどこにあるのか、過去を振り返ってみることで、明らかにすることができます。普段は意識していなかったようなことにも気づく良い機会になるかもしれません。

●就活をはじめる前にゆっくりと過去を振り返る余裕が必要 

就活の時期になると、早く社会人になりたいとあせってしまう気持ちもあるかもしれませんが、「急がばまわれ」です。
ゆっくりと過去を振り返る余裕も必要です。
ノートなどに書きながら、自分の生い立ちやそのころの趣味、部活動、印象的なエピソードなどを振り返って自己分析していきましょう。
書いていくことで昔のアルバムを見ているような懐かしい気分になってどんどん楽しくなってくるかもしれませんよ。

自己分析方法2,模擬テストを利用する

自己分析のためにテストを利用する方法もあります。
適性テストや性格診断テストなどが様々な種類であります。
テストによって、第三者的な視点から自分をみることができますので、自分でいくら頭を悩ませていても自己分析がなかなか進まないという人はテストを利用して自分がどんな社会人になるのが向いているのか調べるのもなかなか良い手なのではないでしょうか。

●第三者的な視点から自分をみることが可能!

自己分析ができるテストの中には自分がどんな仕事に向いているのかなどを分析してくれるものもあります。
自分が思ったような結果がでなくて、自分が就きたい仕事に向いていないという結果がでたら落ち込んでしまうかもしれませんが、あくまでテストですので結果をあまり真に受けすぎるのもよくないかもしれません。
気楽に構えてテストを受けましょう。このテストの結果で社会人になれるか否かが決まるわけではありませんから。

自己分析方法3,客観的な意見を取り入れる

自分のことは意外に自分がよく知らないものです。
自己分析をする際には、周りの人に聞いてみると客観的な意見が聞けるのでおすすめです。
前者2つの方法よりもこの方法が一番効果的かもしれません。
親や学校の友人、先輩の社会人、いろいろな人に聞いてみるといいでしょう。

●具体的に質問することがポイント! 

社会人となるための自己分析をするために、まわりの人に自分のことを聞いてみるには、
できるだけ具体的に質問するといいでしょう。「私ってどんな人だと思う?」といきなりざっくりとした質問だけされても答えるほうが困ってしまいます。また、短所を周りの人に聞いても正直には答えてくれない可能性もありますから、信頼できるなんでも言い合える仲の人に聞いてみるといいかもしれませんね。
そういう人ならあなた自身も気づいていない長所にも気づいてくれていたりします。

自己分析は社会人になるためには欠かせない!客観的な視点を取り入れる方法がオススメ

以上、自己分析は社会人になるために必須!その方法についてご紹介しました。
社会人となるためには、自己分析を行うことが必要不可欠です。
テストや周りの人も利用して自己分析をすることで、自分では知らなかった自分にも気づくことができます。
自己分析でよくよく自分を知って就活に役立てていきましょう。