自己分析はなぜ必要か?志望企業に内定獲得する方法 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

自己分析はなぜ必要か?志望企業に内定獲得する方法

自己分析はなぜ必要なんでしょうか。志望企業に内定獲得する方法をお教えします。

自己分析の必要な理由を知っていれば、今後の就職活動の流れが変わって来ますよね。その重要性を知って、内定を獲得しましょう。

今、就職活動をするのに「何をすれば良いか分からない方」は必見です。

自己分析が必要な理由とは?

cc-library010011020

最近、特にここ数年。日本の消費は落ち込み経済が低迷している時期がありました。

そのときは就職氷河期と呼ばれて就職がとても難しい時期でした。何があるにもテスト、世の中テストで決定されていた時期です。

ですが、それは大企業に入りたい人のみに起きていた現象であって中小企業では人材不足が嘆かれていて、人員がいなかったのです。

~大企業志向が高く企業とのミスマッチングにより就職失敗にならないため~

このように現代の大学生もしくは高校生は大企業志向というものがとても高く中小企業は就職失敗などと聞かれることも往々としてあります。

ですがよく考えてみてください。大企業と中小企業たしかに賃金の差、労働環境の差はありますが、中小企業も人員が足りていなく環境がどんどんあがっていっているのです。また自分のやりたいことは何かしっかりと自己分析してみてください。いま自分は何をやりたいか、これを自己分析することが大切なのです。

志望企業が大企業の場合でも自己分析は必要とされている

確かに中小企業もよくなってきているけど、やっぱり大企業を狙いたいという方がやはり多くいると思います。大企業を狙うのに必要なもので一番は学歴です。
やはりこれに尽きます。自分が大企業から内定をもらえるほどの学歴があるかしっかりと自己分析してみてください。
ところで以前某一流企業の方とお話しする機会がありました。その方は私学のMARCHでだったのですが、同期だとMARCHクラスはかなり少ないとの事でした。

~自己分析とは自己管理である!!~

みなそれよりも上の大学なんだそうです。その中で学歴の重要性についてお話しを聞きましたところ、その方曰く、確かに二流大学などでもできるやつというのはいる。

でも企業として考えたときに難関なテストを突破してきたやつのほうがしっかり自己分析、自己管理ができる確率はたかい、とおっしゃっていました。

なので、企業としては一律高くない学歴をシャットアウトしているわけでもないのですがやはり学歴は必要なんだそうです。なぜならばテストは実力試験、実力のあるものが点数を取れる世界だからです。

自己分析がしっかり出来る人は最終的に内定をもらい就職できる

ここからは僕の持論ですが最終的に内定をもらうには人間性があるかどうかです。僕自身何度も失敗を犯しかなりやばいことになったことも幾度となくあります。

ですがそんな時救ってくれたのは周りの仲間でした。なぜならばしっかりと自己分析をしなぜそうなったかをよく考え次につなげたからです。

そうしてできた仲間から一種のコネのようなもので失敗をカバーしてもらったことも何度もありました。それは就職でも一緒のことです。

~企業の人事は自己分析をしっかりやったかどうかを見抜く~

企業の人事の方は人間を見ることに長けています。それは本心から出ている言葉なのか、など見抜く事だってできます。

なので一度自分を自己分析してみてください。そうすれば定型文だから言っているのか、はたまた本心から言っているのか。そして就職というのは人生の終わりではありません。通過点です。どうか終わりだと思わないでください。

自己分析は内定獲得のために必要!!面接官は自己管理の出来る人を求めている

自己分析は内定獲得のために必要です。面接官は自己管理の出来る人を求めています。そのために、自己分析は必要なのです。

就職活動は人生のテストです。まだまだテストは残っています。ここで踏ん張ればかならず花が咲きます。では就職活動がんばってください。