自己分析を行って適職を探す方法とその考え方 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己分析を行って適職を探す方法とその考え方

自己分析を行って適職を探す方法と考え方についてご紹介します。
適職ではない仕事に就いた場合、仕事が楽しくない、何で就職したのだろうと後悔することもありえます。
ですから、まずは自己分析をきちんと行なうことで適職を見つける下準備を行ないましょう。

自己分析の重要性とは??

creativity-819371_640
適職を見つけるためには自己分析を行なうことが必要不可欠となります。
多くの就活生は、自己分析などしなくても自分のことはわかっていると考えているようですが、実際に自分のことを100%理解できている人はほとんどいないといっても良いでしょう。

●自己分析を行って性格を知る=適職を見つけることに繋がる!

何故なら、自分が思っている自身の性格と、周りから見た場合の性格には少なからず必ずギャップがあるからです。
そのため自分ではリーダーシップがある性格と思っていたのが、周りから見たら押し付けがましいわがままな性格と映っている場合もありえるわけですので、きちんと自己分析を行い自分の性格は実際にはどのような性格なのかを把握する必要があります。
性格を知る=適職を見つけることに繋がりますので、まずは客観的な視点で自分のことを見つめなおす必要があります。

適職を見つけ出す自己分析の方法とは?

適職を見つけるために自己分析は重要だといいましたが、ではどのようにして自己分析を行い自分に合った適職を見つけ出せばよいのでしょうか。
そのために利用すると便利なのが、書籍やWEBなどで利用できる適性診断で、この適性診断を行なうことで実際の適職が何なのかを詳しく知ることが出来るようになります。

●書籍やWEBなどで利用できる適性診断を受けて自分の適性を知ろう!

適性診断では簡単な質問に答えていくだけでその答えの傾向からその人の性格がどのようなものなのかを分析してくれ、どういった仕事や業種に適性があるのか、その性格に向いている適職を的確に知ることが可能になります。
もちろん適性診断の結果が100%合っているとは言えませんが、この適性診断は企業の採用試験にも用いられることが多く、適性のない人はその時点で採用されない場合がほとんどです。
事前に適性診断を行なって自分の適性を把握しておく必要性は高いといえるでしょう。

志望業種に適性がないと診断された場合の考え方

自己分析を行い適職を見つけることは就活で内定を取るために必要なことだといえます。
基本的には自己分析結果から導き出される適職は、自分の適性がある仕事ということになりますので、かなり高い確率で仕事に向いているといってよいでしょう。
しかし自己分析から導き出された適職に対し何の興味もない場合はその仕事に就職してもまずうまく行かないといえます。
自己分析で適性を把握し、それに沿った適職を見つけるのは確かに重要ですが、それ以上に重要なのは自分の意思だといえます。

●大切なのは自分の意志!好きなものに対して努力する姿勢も大事

もし自己分析の結果が自分の目指す業種に適性がないと結果が出た場合、適性がないから諦めるのか、それともやりたい仕事だから頑張って適性を身に着けるのかは非常に重要な選択といえます。
好きこそ物の上手なれということわざがあるように、好きなものに対して努力していけば、おのずと上達し適性が身についていく場合もあります。
ですから、自己分析での適職探しも重要ですが、自分の意志もしっかりと持つことが大事だといえます。
やりたい仕事がるのであれば、それに近づく努力をしましょう。

自己分析での適職探しも重要!ただし自分の意志を貫くことも大事!

以上、自己分析を行って適職を探す方法と考え方についてご紹介しました。
自己分析の重要性と適職に就くことの大切さは分かったと思いますが、やはり好きな仕事に就くことが最大の成功だといえます。
そのため自己分析結果などを100%鵜呑みにせず、自分自身でどのようにすれば希望する仕事に就けるのかを考えることも必要だといえるでしょう。