自己分析シートを作成する際のポイント3つ | 新卒就活.com

2016/01/05更新

自己分析シートを作成する際のポイント3つ

自己分析のやり方がよく分からないという方は自己分析シートを作成すると良いでしょう。
ここでは3ステップで出来る受かる自己分析シートの作り方を紹介します。
これらにのっとって書いていくだけで、しっかりと自己分析ができます。
以下でその作り方を確認してみましょう。

自己分析シートの作成ポイント1,強みや性格を書く

colored-pencils-168391_960_720
受かるための自己分析シートとしての最初の1ステップは、自覚している強みや性格、長所や短所などをひたすらに箇条書きしていくということです。
この段階ではとにかくたくさん出せば出すほど強い自己分析が可能になりますから、しっかりと思いつく限り記載するようにしていってください。

●自覚がある部分を箇条書きにしていく

別にそれは良いことばかりを書くというわけではありません。
悪いことだって書いたってよいのです。
たとえば人見知りとか、慎重すぎる所があるとか、そういう一見するとマイナスになることでも良いので、とにかくたくさん書いていくのです。悪いところも見つめていくのが自己分析であり、それも受かる自己分析シートとしては絶対に欠かせないことでありますから。

自己分析シートの作成ポイント2,根拠を書き足す

受かる自己分析シートとしては、次に「なぜ」を記載していく欄をつくりましょう。
なぜその性格になったのか、なぜそれがみについたのか、ということを書いていくためのスペースです。
そこでなぜそうなったのかが分かるようになると、本当の自分の性格がみえてきて、自分の本質を見抜くことができるようになるのです。
ですから、自己分析シートを作成する際は「なぜ」を記載していく欄を作りましょう。

●証明となるエピソードも具体的に書くこと!

なぜそういう性格になったのかというエピソードは、なるべくしっかり書いていきましょう。
ですから、受かる自己分析シートの作り方としては、その欄は少し大きめに作らないとならないということです。
大きめにつくって、しっかりしたエピソードを書いていってください。

自己分析シートの作成ポイント3,さらに根拠を深掘りする

普通の自己分析シートであれば「なぜ」は一回で終わりますが、受かる自己分析シートとしては、もう一つ根拠を明確にするの欄を作る必要があるのです。
もう一度突っ込んでいくことで、さらに詳しく自分が大切にしている価値観のようなものが分かるようになり、より自分に向いている仕事がみえてくるようになるのです。
向いているということは、それすなわち受かりやすいということです。そうして受かる自己分析シートとなるのです。

●根拠のさらに深掘りることで自分に向いている職業が見えてくる

自己分析シートで実際にどう「なぜ」をつかうのかと言う例も挙げておきます。
たとえば「何事もあきらめない」という強みがあったとすると、最初の何故で「○○という経験があったから」ということに繋がります。
そしてここの何故で「なぜそういう経験をしたのか」という解明するのです。
「○○で褒められて○○にはまってソレを頑張るようになったから」とか色々な理由が出てくるでしょう。こうして深く追及していってください。

自己分析シートの作成方法で重要なのは強みや性格の根拠を明確にすること!

以上、3ステップで出来る受かる自己分析シートの作り方のご紹介でした。
こうして受かる自己分析シートを作成し、自分の本質としっかり向き合っていってください。
3ステップで楽に作ることができますし、自己分析シートを作成している時間もきっと苦にならないはずです。ぜひ参考にしてみてください。