自己分析ツールの活用方法について | 新卒就活.com

2016/09/07更新

自己分析ツールの活用方法について

自己分析ツールの活用方法についてご紹介します。
就職活動に欠かせないのが「自己分析」です。
自分を売り込むことが就職活動なのに、自分自身のことを把握しきれていない人がアピールできるわけがありません。
まずは自己分析ツールの活用方法して、自身の強みや弱みなどを知りましょうん。

自己分析の重要性とは??

sidewalk-657906_640
就活を行う上で重要なのは、職種の選び方、テストの傾向と対策、面接に向けての対策など様々なポイントがあります。
しかしそれは自分自身をきちんと把握できていることにより成り立つものです。

~自分に合う職種を探すためのツール~

まず自己分析を行う必要があります。
自己分析の重要性は言うまでもなく自分がどのような性格でどんな職種に対して適性があるのかを分析して知る方法ですの。
就活において自己分析は非常に重要だといえます。自己分析を行うためには自己分析ツールと呼ばれる専用のツールが存在しており、インターネットでの簡単な自己分析や書籍として自己分析ツールが販売もされています。

自己分析ツール活用法1,性格分析

自己分析ツールを使用して分かることは、自分自身の性格と仕事への適性です。
自己分析ツールは大きく分けて2種類用意されている場合が多く、一つは性格診断、もう一つは適性診断のツールとなります。
まず性格診断のツールを利用することにより、自分の長所や短所を浮き彫りにすることができます。

~客観的な自分の長所と短所を把握することが可能~

この長所や短所は、会社に勤務する際の会社に与える印象にも繋がりますし、SPIテストでも性格や適性を判断し合否を決める会社があります。
意外と自分自身の性格は分かっているようで分かっていない場合が多いので、ツールを使用することで客観的に自分自身のことを知ることができます。

自己分析ツール活用法2,適性診断

自己分析ツールの適性診断ツールを利用すると、自分がどのような仕事、職種に向いているかが分かります。
就活を行う場合、会社の大まかな業務内容は分かるはずです。
そこから、自分自身がその業務に果たして向いているのかどうかを適正判断の自己分析ツールを使用することで知ることができます。

~適性のある仕事や職種を知ることができ就活の方向性を定めることが可能~

適性診断で自分が行きたい企業の業務に向いていないと分かった場合、就職活動の方向性を変える必要も出てきます。
その結果を無視して会社にエントリーした場合、SPIテストの適性判断で落とされる可能性が高いということも事前に分かるはずです。
もちろん適性診断で向いていないと結果が出ても、それが100%正しいということではありませんから、診断結果を考慮して就活を行うとよいでしょう。

自己分析ツールを利用して客観的な視点からみた自分を把握しよう!

自己分析ツールを使用して自己分析を行うことは、必ず就活において役に立つことになります。
ツールは万能ではありませんが、自己分析ツールを使用して導き出された結果は、客観的に見た自分自身の性格や適性を如実に表しています。

そのため自分自身では向いていると思っていた職種が、実は向いていなかったと分かることもあります。
その業種にどうしても進みたい場合は、自分の思い込みと分析結果の違いをどのように埋めていくかで就職活動の道筋が見えてくることに繋がります。
自己分析と自分自身の思い込みは全く違いますし、分析ツールで導き出された結果は第三者から見た自分を表している確率が高いので、結果を受け入れ就活に活かすとよいでしょう。