自己紹介と自己PRの違いとそれぞれのポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己紹介と自己PRの違いとそれぞれのポイント

自己紹介と自己PRの違いを理解することは大切です。
企業の面接などで必ず聞かれる質問に自己紹介と自己PRがあります。
初めて面接を受けることが多い場合この違いがまず分からないということもありますし、違いが分からないから答えも答えられないということも起きる可能性があります。

自己紹介と自己PRの違いとは?

boy-1007979_960_720
まず自己紹介と自己PRの違いをしっかりと区別することが大事になってくるといえます。
自己紹介と自己PRの違い、それは一言で言えば自分自身を簡潔に表すのが自己紹介、自分の長所や強みを表すのが自己PRとなります。

●自己紹介は自身の経歴を・自己PRは長所や強みをアピール!

そのため自己紹介をしてくださいと言われたときに長々と説明するのは自己紹介ではなく自己PRということになります。
逆に自己PRなのに出身地や学歴を答えてしまうのは自己PRではなく自己紹介となってしますわけです。
これは新卒者に最も多い間違いだともいえますので、自己紹介と自己PRの違いを正確に把握して、それぞれを区別して考える人が重要になってくるといえます。
そのためにはまず自分自身の概要と長所や強みを自分自身で区別する必要があります。

自己紹介で重要なポイント

自己紹介と自己PRの違いが分かったら、次は自己紹介をどのようにするかを考える必要が出てきます。
基本的には履歴書などにも自己紹介や自己PRを書くことになるといえますので、その時点で大まかな自己紹介や自己PRは出来上がってくるといえます。
しかし履歴書に記載する内容をそのまま面接で話しても何の意味も効果もありませんし、履歴書に記載しているものは非常に短く簡潔ですので、それを話してしまうと自己紹介が数秒で終わってしまうことになります。

●相手が興味を持ちそうな経歴などを話すよう心掛ける!

そのため自己紹介で企業側に興味を持ってもらうには、どういった大学のどの学部出身で、在学中にどのような活動をしてきたのか、それにより何か成果を上げた経験があるのかなどを自己紹介に盛り込むと、簡潔で非常に分かりやすく興味をもたれやすいものに変わるといえます。

自己PRで重要なポイント

では自己紹介ではなく自己PRで企業にアピールするにはどうすればよいのでしょうか。
基本的には自己PR=長所や自分の持っているスキルや能力をアピールすることですので、自分自身で企業に対して誇れるものが何かをまず考える必要があります。
その誇れることを企業に対してきちんとアピールできるかどうかが自己PRが成功するかどうかに繋がるといえます。

●自身の強みが仕事でどう活かされるのか説明すること!

しかしただ単に長所を羅列してもそれはアピールになりませんから、その長所をどのように活かして企業の力になれるのか、スキルや能力がどういった形で貢献できるのかを自己PRに盛り込むことが重要です。
そのため自己紹介の段階で誤って長所などをいってしまわないように注意をすることも、自己紹介と自己PRの違いを把握して失敗しないためには必要だといえます。

自己紹介と自己PRの違いをしっかり認識して混合しないよう注意すること!

自己紹介と自己PRには明確な違いがありますし、その違いをしっかりと理解しておくことが面接などで言葉につまり答えられなくなることを防ぐことに繋がるといえます。
もし自分自身で違いが理解できていない場合には、自己紹介と自己PRつの違いを理解して、それぞれに適した内容の文章を作ることが先決だといえます。