自己紹介と自己PRを区別して面接官の心をつかむコツ【例文つき】 | 新卒就活.com

2016/09/21更新

自己紹介と自己PRを区別して面接官の心をつかむコツ【例文つき】

就活の中の皆さんは、自己紹介と自己PRの違いを認識できていますか?最近、自己紹介を問われているのに、自己PRを話してしまう学生が増えてきているようです。確かにあれもこれも話して、印象付けたいと考えてしまうものですが、逆効果になる恐れがあります。
せっかく用意した回答を無駄にしないためにも、自己紹介と自己PRの違いを把握し、質問に的確に答えられるようにしましょう。

ここでは、面接官を説得する自己紹介の3つの技術を例文つきで解説します。まずは、自己紹介・自己PRとの違いを認識してください。その上で、面接官に好印象を与える自己紹介の仕方を例文つきで確認しましょう。

就活の面接でする自己紹介・自己PRのちがい

exchange-of-ideas-222787_640

就活中、かならず面接でする自己紹介・自己PRのちがいは何でしょうか。
採用担当者から「自己紹介をしてください」と言われると、ほとんどの学生は自分の出身地、ストーリー、強み弱みを克明に、かつ”壮大に”話してくれます。

ところがこれが彼らの大きな勘違いで、自己紹介は自己PRとは全く違うのです

自己紹介は”挨拶の場”

まず企業から見た自己紹介の意義は”発信するコミュニケーションスキルがあるかどうか?”です。また、自己紹介は”私はこういう名前のこういう者です”という”挨拶”の場なのです。

自己紹介は、いわば初対面の人に対して握手をして、”よろしくお願いします”と伝えるのと同じものになっています

本で言えば、自己紹介は帯であり、プロローグになります。ここで興味をわかないとそれが引きずられて、なかなか印象を覆すことは至難の業です。自分という本を手に取ってもらうために最善の帯はどんなうたい文句がいいだろうかと考えると、名案が浮かびやすくなるのではないでしょうか。

自己PRは”セールスの場”

一方、自己PRとは”私はこんな強いや特技があります”という事を伝える”セールス”の場です。
考えてもらうと分かると思いますが、自己紹介をお願いしますといわれて、初対面の人間が、聞いてもいないのにいきなり”自分はこんな特技があって……”とペラペラ話しだしたら10人中10人が好ましい印象を抱きません。

採用担当者、面接官も同じです。自己紹介をダラダラ5分もされたり、自己PRをされるとそれだけで、印象が悪くなってしまいます。十分に気を付けましょう。

採用担当者に”確実に”伝わる自己PR文の書き方

面接官は自己紹介から2つの力を見ている

old-1130746_960_720

自己紹介は、ほとんどの面接時に聞かれます。履歴書やエントリーシートにもあらかた自分のことが書かれているのに、なぜいまさら自己紹介をさせられるのか分からないと考える人もいます。
面接官もただ聞いているのではなく、意図があって自己紹介を聞きます。主に2つの力が見られているといわれています。

特徴や売りをあらかじめ把握しておきたい

自己紹介だからと言って、名前だけで終わらせてしまうと、「この子は志望度が低いな」と思われかねません。そうならないためにも自己PRにまでは至らない、簡単な特徴を添えて話す必要があります。

後々聞かれる自己PRと内容が被らないように、長所や経験などを添えて自己紹介を完了させることができれば、他の就活生とは違うなと思わせることに成功します。少しの差ですが、+αがあるのとないのとでは、結果が異なる可能性もあるので、軽んじず策を練りましょう。

プレゼンの力があるか確認をされている

自己紹介は、何分も話すことはできません。そのため、要領よく話していかなけれならないので、プレゼン力が見極められているといっても過言ではないのです。
短く、しかし記憶に刻まれる自己紹介にするためには、キャッチコピーを用意することをおすすめします。面接官は1日に何十人と会う人もいます。それでは、なかなか記憶に残らないものです。そんな時に「この子はちょっと変わった自己紹介をしていたな」ということで選考通過する可能性も無きにしも非ずです。

伏線や餌をばら撒いておく

自己紹介がある意味一番最初にあるので、その後の面接の進捗にも影響を与えていきます。そのため、会話が詰まらないようにいくつか面接官が聞きたくなるようなワードやエピソードを忍ばせます。それに食いついて来たら儲け物です。こちら主導で進めることが多少なりともできるようになるからです。

主導権を握るためには、どこに食いつくか落としどころを作って置き、とっておきの答えを用意しておく必要があります。
面接をしていって、自己紹介の謎を解明されていくようなこともできると、非常に効果的です。

面接時の自己紹介の注意点:30秒を目安に簡潔に

stopwatch-706064_960_720

次に、就職面接時の自己紹介の注意点を見ていきましょう。
同じ能力を持つ2人がいたとして、一方の自己紹介は簡潔、他方はダラダラだとします。
間違いなく簡潔な人が採用されますね。ですので、自己紹介は簡潔にしてください。目安は30秒、1分を超えると長いです

氏名、年齢、出身校、部活、趣味をさっと話して、「以上、簡単ではありますが、何か質問がありましたらお願いします」と、質問を求めてください。
志望動機も自己PRも話す必要はありません。それらは別の機会で必ず質問されます。

面接官が求めているもの、聞きたいものを的確に把握する、それがコミュニケーションスキルです。面接官は学生の立派なスピーチを聞きに来ているわけではないため、時間を意識して話しましょう。

適度に大きな声で分かる言葉で話す

自己紹介は30秒から1分が目安です。そのため、適度に大きくて通る声で、専門用語はあまり使わずに話すのが大事です。

採用担当者は、あなた以外にも1日に何人も面接しています。あなただけに分かる言葉で説明されたとしたら、話している内容は確実に入って来ないでしょう。

「お名前と大学名をお願いします」の質問されたときは自己紹介は行わない

「自己紹介をお願いします」という質問と似ているので、「お名前と大学名をお願いします」という質問です。これは、自己紹介を聞かれているわけではないの、言ってはいけません。ついつい少しでもアピールしたくて言ってしまいそうになりますが、面接官からしたら質問を聞いていなかったのか、自己主張の強い学生、協調性がないと受け取られてしまうかもしれません。

出だしから失敗しないためにも、聞かれたことに答えるという意識の元、質問には答えていきましょう。

就活で面接官に確実に伝わる!自己紹介の例文

hand-819279_960_720

では最後に自己紹介の例文をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

“○○大学○○学部○○学科から参りました、○○です。
大学では主にサークルの幹部として運営に注力してまいりました。
今日はこのような経験から、私について知っていただけたらと思います。
本日はよろしくお願いいたします。”

また、シンプルな文章でもOKです。

“○○大学○○学部○○学科から参りました、○○です。
本日はどうぞよろしくお願いいたします。”

上記のポイントを踏まえてさえいれば、自己紹介はあらゆる要素を削ったシンプルなものでも結構です。よほどのことを言わない限りは、自己紹介だけで面接を落とされることはないと考えて良いでしょう。

面接では自己紹介の時に自己PRを話さず端的にハキハキと話そう!

businessman-598033_640

就活の面接における自己紹介(挨拶)に細かいテクニックなどはいらないのです。ハキハキとした大きな声で、簡潔に話し、そして質問を求める、このスタイルを行うといいでしょう。これが企業の求める、社会に出てからも通用する本当のコミュニケーションスキルです。

多くの学生が焦って自己紹介の質問に対して、自己PRをしてしまうことがありますが、質問の意図を把握できていないと判断されかねませんので、注意しましょう。面接官が質問したことだけに答え、簡潔に述べるように心がけてください。もし、答えが不十分である場合は、面接官から質問されるので、折り合いをつけて面接に臨んでみましょう。

また、自己紹介は会話のとっかかりとして使用する面接官もいるので、面接官が会話をしやすいような内容を自己紹介の中に入れておくのも良い手かもしれません。しかし、ここまでいくには、しっかり自己紹介の意味を理解し、それに沿った自己紹介文ができてからにした方が失敗は少ないでしょう。