自己紹介の例文で学ぶ!好印象を与える方法 | 新卒就活.com

2016/09/12更新

自己紹介の例文で学ぶ!好印象を与える方法

自己紹介の例文で学ぶ、好印象を与える方法についてご紹介します。
自己紹介の例文はインターネットや就職支援などに掲載されていますよね。
その数も種類も豊富です。
それらの自己紹介の例文を参考に、面接前に自己紹介を用意して本番に挑みましょう!
では、自己紹介の例文から学べるポイントを見ていきましょう。

自己紹介の例文で学ぶ1,重要性を知る

child-476507_640

自己紹介の例文を紹介する前に、まずは自己紹介の重要性を知りましょう。
エントリーシートや履歴書、面接といった様々な場面で自己紹介は必要となってきます。
面接官は自己紹介を見て何を見極めているのかというと、就活生の人柄、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力。
さらには企業への意欲を見極めています。

~人事が重要視しているのは就活生の人柄と企業への意欲!~

1つの自己紹介の中でここまで多くのことを見ているのです。
そして人事が採用活動において最も重要視しているのが就活生の人柄と企業への意欲でありため、自己紹介で上手にアピールすることは内定へ近道とも言えるのです。
それでは自己紹介の例文を見て書き方を学んでいきましょう。

自己紹介の例文で学ぶ2,書き方

私は常に「新しいものに挑む」ことで喜びを感じる人間です。

私は大学入学当初、自分が経験したことがないことにどんどん挑戦していこうという目標を立てました。
その代表としてまったくの未経験である家電量販店でアルバイトをした経験があげられます。
販売はまったくの未経験分野だったので初めはとまどいの連続でしたが、先輩方の接客を真似しいい所は積極的に取り入れ。
さらには顧客により接客方法を変えることで未経験から半年で売り上げ2位までのぼりつめることができました。
この新しいことに挑戦する力で御社でもどんどん業務を吸収し、いち早く貢献したいと思っております。

自己紹介の例文は以上になりますが、まずは自己紹介の例文をもとにして自分の自己PRを作成してみてください。

自己紹介の例文で学ぶ3,キャッチフレーズ

自己紹介の例文ではチャレンジ精神があることをアピールしていますが、見ていただいて分かる通り「私の強みはチャレンジ精神があることです」という直接的な表現は使っていません。
これは自己PRをする上で基本的な手法となりますが、自分のキャッチフレーズを作るのです。

~直接的な表現はNG!キャッチフレーズを作ろう!~

直接的な表現を使うと他の就活生が同じ強みをアピールしてきたときにかぶってしまい、差別化をはかることができなくなります。
そのためキャッチフレーズを作って直接的な表現をしないことでたとえ同じ強みでも面接官の興味を引くことができるのです。
さらに自己紹介の例文では最後に企業へいかにして貢献した以下を述べていますが、これは企業への意欲をアピールする大切な部分なので忘れずに一文添えましょう。

自己紹介の例文を参考に自分が主体となったエピシードを書くこと!

今回紹介した自己紹介の例文には自己紹介の基本が詰まっています。
例文に沿って作成するだけで効果的にアピールすることができるでしょう。
自己紹介で注意してほしいのが過去の経験話は必ず自分が主体となった話をすること。
話の大小は関係ありまえん。
面接官はあなたの過去の経歴には興味なく、そのときどうしたのかを重視しています。
とはいえ自分が活躍したという話はそうそうあるものではないので、多少ならば話の誇張をしてもいいでしょう。
自己紹介の例文をよく読み、基本をおさえて自己紹介を作れば自分を効果的にアピールできるでしょう。