自己PRでサークル活動を効果的に伝える方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己PRでサークル活動を効果的に伝える方法

自己PRでサークル活動をアピールする方法をご紹介します。
学生時代に最も力を入れたのがサークルの活動という人はとても多いでしょう。
実際に多くの就活生がその経験に基づいてお話しています。自己PRでサークルの経験話を盛り込む時の注意点と正しい活かし方を解説します。

自己PRでサークル活動をアピールする方法1,採用担当者の立場で考える

steps-388914_960_720
学生時代に尽力して取り組んだサークルは誰にでも自慢したいものでしょう。
しかし注意点として、自己PRではサークルの中身や活動内容を話すのではありません。
そういった話を聞いても採用担当者からは何の印象も残りません。
むしろ減点要素となってしまうでしょう。

●サークルの経験から仕事で活かせる部分をアピールする!

サークルによってご自身が何を学び、何を考えながら行動してどういった成果を挙げてきたのか、を伝えなければいけません。
求められているのは、入社して活躍できる人材、そして将来リーダーとしての素質を兼ね備えている人などです。
自己PRは志望動機と並んで最も大事なポイントです。
その自己PRでサークルの自慢話を聞く相手の立場を考えたら自ずと結果は誰でも分かります。自己PRでは具体的な経験から何をどう活かせるか、ということを念頭に入れて考えておきましょう。

自己PRでサークル活動をアピールする方法2,人間性が見える内容を伝える

サークルの経験からあなたの人間性の部分に採用担当者はとても興味があるものです。
自己PRにつなげる為に以下のような点を抑えておくと良いでしょう。

●どういった役割を担ってきたのか
●何を考えてその役割を担ってきたのか
●その役割を経験してどういった成果をあげてきたのか

全てに共通して言えるのが役割の部分です。企業の組織に所属するにあたり、必ず一人一人に役割が課せられます。
役割を忠実にこなし成果を出せる人間は社内から高く評価されます。
そういった事からサークルの中身ではなくサークルで経験した役割に焦点を当てて自己PRをすれば良い内容になっていきます。
勿論ですが、抽象的ではなく具体的な経験から作り上げていきましょう。

自己PRでサークル活動をアピールする方法3,企業が求める人材に合わせる

サークルの役割部分に触れましたが、必ず仕事に活かせる点を自己PRしましょう。
仕事に活かせれない自己PRは的外れになってしまいます。つまり良い結果は望めないでしょう。
忘れてはならないのが、企業は多額のコストを支払って求人広告を載せています。その為、有能な人材を確保しなければいけない立場にあります。

●企業が求めている人材につなげていけるような自己PRがベスト!

例えば、企業が求めている職種が営業職であれば「役割を発揮して成果を出した経験から、お客様との関係性構築や売上獲得をしていく」といった様に線でつなげていくのが大事になります。
普通は募集している仕事内容は企業によって多岐に渡るため、全てに共通して繋げるのは難しいかもしれませんが、採用担当者が求めているものを理解して自己PRしていきましょう。その点を踏まえるとサークルの経験は大いに役に立つものです。

自己PRではサークルで経験してきた役割に焦点を当ててアピールするのが効果的!

サークルに学生時代を捧げたという程本気で取り組んできた人は素晴らしい自己PRが出来るでしょう。
その本気から得た経験は言葉に表れて採用担当者の心に響いていきます。大事な要点を抑えて、自信を持って自己PRしましょう。