自己PRでプレゼン能力をアピールする方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己PRでプレゼン能力をアピールする方法

自己PRでプレゼンの力が高いことをアピールするというのは有効です。
プレゼン能力というのはいつの時代も大切なものですし、それがあれば即戦力だと評価してもらえる可能性も高いです。
そこでここでは、自己PRでプレゼンの力が高いことをアピールする方法を紹介していきます。

自己PRでプレゼン能力をアピールする方法1,キッカケを話す

team-720291_960_720
自己PRでプレゼンの能力をアピールする際に大切なことは、何故そのプレゼン能力を身に着けようと思ったのかということを述べることです。
プレゼン能力なんて、身に着けようと思うきっかけがないと身につくものではありません。
ですから、自己PRではしっかりそれを語っていってください。

●プレゼン能力を高めるキッカケを話すことは証明にもなる

プレゼン能力を高めるキッカケを語ることで、本当に自分がそんなプレゼン能力を持っていることの証明にもなります。
身に着けようと思ったきっかけに納得がいけば、それならば持っていてもおかしくないと思ってもらえ、能力を持っているということの信憑性が出るのです。
さらにそれは、将来その力がどのくらい成長するかということを見る為にも使われるので、将来性のアピールにおいても非常に重要なのです。

自己PRでプレゼン能力をアピールする方法2,高めるための努力や工夫を語る

プレゼン能力を身に着けようと思ったきっかけを語ったら、自己PRでは次には、プレゼン能力を高めるためにどういう工夫があったのか、どういう努力があったのかということを語っていきましょう。
それを伝えることで、どのくらいのプレゼン能力なのかということが伝わりますし、信憑性も高まるでしょう。

●数字を用いて具体的に語る必要がある!

可能であれば、その努力や工夫のエピソードには、数字を用いるようにしてください。
数字を用いることでその努力のすごさや工夫のすごさが的確に伝わるようになり、よりその自己PRの魅力度が高くなるのです。
もちろん無理矢理数字をねじ込んでも意味がありませんが「何をどのくらい続けた」とかそういうエピソードであれば入れられると思うので、ぜひ入れてみてください。

自己PRでプレゼン能力をアピールする方法3,仕事への活かし方を説明する

自己PRでプレゼンに関する能力の高さをアピールするためには、最後にはそのプレゼン能力をどこでどういう風に活かすのかということを説明していかないとなりません。
そういうプレゼン能力がその会社のどこで、どういう風に活かせるかということを考えていきましょう。
自社会議で役立てるのか、他社とのコンペなどで役立てるのか、それでも一対一での営業に役立てるのか、選択肢はたくさんあります。

●企業研究を徹底的に行い活かせるポイントを探す!

実際には自分の好きなように活かすというよりは、相手がそれを活かしたいと思っているような、相手が特に力を入れているところが活かすと語るのが一番印象がよいです。
ですから適切に自己PRするためには、相手がどういうことに力をいれ、どこでプレゼン能力を欲しがっているかを良く調べる必要があります。
しっかり調べて的確にアピールしましょう。

自己PRではプレゼン能力を高めるきっかけや工夫したエピソードを話すのが吉!

以上、自己PRでプレゼンの力が高いことをアピールする方法のご紹介でした。
こういうことを自己PRに記載したら、面接もいわばプレゼンですので、面接の舞台でもしっかりとその力をアピールしていかないとなりません。
オドオドしたりして、自己PRで言っていることの説得力がなくならないようにも注意してください。
面接でも常に理路整然として、自信と余裕をもって過ごすようにしましょう。