自己PRでモットーを上手くアピールする方法とエピソードを選ぶコツ | 新卒就活.com

2016/09/12更新

自己PRでモットーを上手くアピールする方法とエピソードを選ぶコツ

自己PRでモットーを上手くアピールする方法についてご紹介します。
自己PRはエントリーシートや面接でも聞かれる場面が多い質問です。
その自己PRに「モットー」を選んだ人には必見のページです。
自分のモットーが何なのかしっかり把握した上で、自己PRへと繋げていきましょう。

自己PR方法1,自分のモットーとは何かを考える

sidewalk-657906_640
自己PRで自分のモットーを上手に話すことができれば他の就活生と差別化をはかることができ、面接を有利に運ぶことができるでしょう。
そこでまず始めることは自分のモットーとは何かを考えることです。

~自分の長所をモットーに変える!~

もともと自分のモットーを持っている人なら問題ありませんが、ほとんどの人が自分のモットーなど考えたことがないでしょう。
一番簡単な考え方として、自分の長所をモットーに変えることです。
例えば継続力がある人なら「真面目にコツコツ」がモットー、几帳面な人なら「慎重に正確に」がモットーとなります。
自己PRで上手にモットーをアピールするためには、まず自分のモットーを見つけることから始めましょう。

自己PR方法2 ,モットーにまつわるエピソードを用意

自己PRで自分のモットーをアピールする就活生がよくしてしまいがちなのが、モットーを伝えるだけで具体的な話をしないことです。
面接官にただモットーを話すだけでは印象に残ることはありません。
それにまつわる経験を話すことで自己PRとして効果的なものに仕上がるのです。

~自分のモットーが活かされた経験を述べる~

そのため前項で考えた自分のモットーが活かされた経験を思い出しましょう。
アルバイト、サークル活動、部活動、どんな話でも構いません。
話の大小も関係なく華やかな経歴も必要ありません。
大切なのは自分主体で行動を起こしたという話であること。
面接官はあなたが過去に何をしてきたかには興味がなく、そのときどうしたかが重要なのです。

自己PR方法3,モットーを上手くアピールする自己PR構成

モットーを上手にアピールする自己PRを作るには以下のステップで作成してください。

1,モットーを伝える
「私は〜をモットーとして生活しています」
2,過去の経験を話す
モットーが過去に活かされた経験を話しましょう。
何かを乗り越えた的な話がベスト!
3,そのときの課題
そのときの課題や問題点を話しましょう。
4,取り組み
課題や問題点に対してどんな取り組みをしたのかを具体的に話しましょう。
5,結果
取り組みの結果何を得ることができたのかを話しましょう。
6,貢献
自分のモットーがどのようにして企業に貢献できるのかを話しましょう。

以上がモットーを上手にアピールする自己PRの構成です。

自己PRで重要なのはモットーをどのように企業に活かせるか具体的に話すこと!

いかがでしょうか?今回は自己PRでモットーを上手にアピールする方法についてご紹介しました。
自己PRの構成の中で一番大切なのは最後の貢献の部分です。
自分のモットーがどのようにして企業に活かすことができるのか、これを話すことにより面接官はあなたの企業への意欲を感じ取ることができるでしょう。

面接官は当然企業へ貢献できる人材を求め、企業に貢献できる人材とは企業への意欲が強い人と考えています。
そのため最後の貢献の部分は忘れずに添えてください。
今回ご紹介した方法を踏まえつつ、自分のモットーを上手アピールしましょう。