自己PRで上手く思いやりをアピールする方法! | 新卒就活.com

2016/09/05更新

自己PRで上手く思いやりをアピールする方法!

自己PRで上手く思いやりをアピールする方法についてご紹介します。
就職活動とは企業に自分を売り込むこと=自己PRが一番重要なのです。
自己PRのアピールポイントは無限に存在しますが、中でも思いやりをアピールする就活生さんはわりと多いような気がします。
ありがちな自己PRにならないよう注意が必要です。

自己PRのポイント1,他者との差別化をはかる

cc-library010010310
面接の自己PRにおいて思いやりをアピールする就活生は数多くいます。
確かに思いやりは仕事をする上ではとても大切な要素の1つであるため、上手に自己PRできれば面接官に好印象を与えることができるでしょう。
しかし実際はその差別化ができずにその他大勢に埋もれてしまうのが現実です。
それではいったいどのよにしてアピールすればいいのか?

~直接的な言葉でなくキャッチフレーズに置き換えること!~

それはキャッチフレーズを作ることです。
具体的には「私には思いやりがあります」と直接的な言葉でアピールするのではなく。
「私は人の立場に立って物事を考えることができる人間です」というようにキャッチフレーズ的な言葉に置き換えるのです。
これによりまず出だしから差別化をはかることができます。

自己PRのポイント2,構成に沿って考える

自己PRで思いやりを上手にアピールするためには以下の構成で自己PRを作りましょう。

1,強みアピール
冒頭で思いやりのキャッチフレーズを言いましょう。
2,経験
過去に思いやりを発揮した経験を話しましょう。
3,課題
そのときあった問題を話しましょう。
4,対策
問題に対して具体的にとった対策を話しましょう。
5,結果
対策の結果得られたことを話しましょう。
6,貢献
自分の思いやりがどう企業に貢献するかを話しましう。

~強みである思いやりが企業にどう貢献するのかをアピールする!~

最後の貢献の部分は企業への意欲をアピールするためにも非常に大切な部分です。
自分の思いやりがある強みがどう貢献するのか、企業研究を行った上で考えましょう。

自己PRのポイント3,話し方が重要

面接においての自己PRはもちろんですが面接官を前にして行われます。
そのため何を話すかではなく、どう話すかもとても大切になってきます。
思いやりをアピールするためにはただ元気よく自己PRをするだけでは伝わらないでしょう。

~面接官の様子を伺いながら間をおいてはなすこと!~

面接官が聞きやすい話し方をすることにより、言葉だけでなく仕草からも思いやりを感じ取ることができます。
そのためには自己PRの話の合間に、間を作ることです。
多くの就活生は緊張により間もおかずに話してしまいますが、これは聞いているほうからするとかなり聞きづらいのです。
そのため間を作ることにより聞きやすい自己PRとなり、話し方からも思いやりを感じることができます。

自己PRを思いやりにする場合は面接後のお礼も必要不可欠!

自己PRで上手に思いやりをアピールしたからといってそれで満足してはいけません。
面接が終わってからも重要です。
面接が終わり自宅に帰ったら、すぐに面接に対するお礼のメールを送りましょう。
実はこのお礼メールを送る就活生は全体の1割程度しかいないのです。
そのためここでも思いやりがあることがアピールできるでしょう。

いかがでしょうか?今回は自己PRで思いやりを上手にアピールする方法をご紹介しました。
思いやりを上手にアピールできれば面接官に好印象を与えることができるので、今回ご紹介した方法をもとに自分の思いやりをアピールしましょう!