自己PRで冷静さを確実にアピールする方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己PRで冷静さを確実にアピールする方法

自己PRでどんな状況下でも冷静な判断をすることができる能力は、アピールの方法としてとても有効的です。
どんなことに冷静に対処していける能力というのは、自己PRではとても評価される傾向があります。
ですからそういうことを自己PRでアピールしていくというのもアリです。

自己PRで冷静な判断力をアピールする方法1,職業を絞る

man-885223_960_720

いつでも冷静に物事に対処できる能力というのは、確かに長期的な視野で見れば必要な能力ではあります。
しかし、すぐに冷静な判断力が必要になるということは、あまりない職業の方が多いのではないでしょうか。
そういう職業に対して、いつでも冷静でいられることを自己PRしてもあまり大きな効果は生まないでしょう。
そうならないようにするためにも、冷静な判断力を活かせる職業への自己PRでアピールしていきましょう。

●クレームを言われる職業では武器になる!!

ではそれを活かせるような職業とはどういったものなのでしょうか。
それはやはり、コールセンターや接客業などの、人からクレームを言われたり、嫌なことを言われたりする可能性の高い職業でしょう。
そういう職業を受けるのではあればこれはとても大きな武器になります。ですからそういう職業への自己PRに使うというのがオススメです。

自己PRで冷静な判断力をアピールする方法2,工夫を明かす

いつでも冷静でいられるということを自己PRでアピールする際には、いつでも冷静でいるための工夫を明かすということが必要になります。
それをアピールすることで、本当にいつでも冷静でいられるのだということが相手に伝わるようになります。
いつでも冷静でいられるといってもそれが本当かどうかは伝わりにくいものです。ですから、こうして工夫を明かして真実味を増させるのです。

●常に冷静でいられる工夫を明かすことで信憑性を高める!

自己PRでよく用いるような、こんな時に冷静でいられたというようなエピソードではなかなか真実味は伝わらないのです。
本当はとても怒ったとしても、それでも冷静でいられました、と一言加えるだけでそういうエピソードができてしまいますから。
だからこそ、冷静さを伝えるためには工夫を伝えないとならないのです。

自己PRで冷静な判断力をアピールする方法3,原因を話す

なぜ冷静さを身に着けようと思ったのか、冷静でいるための工夫の原因となるようなことを自己PRに盛り込んでいくと、ますますその冷静さの真実味が増していきますし、冷静さの再現性も伝わっていきます。
ですから、なぜいつでも冷静でいられるようになろうと思ったのか、その原因を自己PRに盛り込んでいってください。

●工夫をするようになった原因を伝えることで再現性が伝わる!

そこでのエピソードは、出来ればアルバイトでの話が良いでしょう。
「アルバイトでこういうことがあって、それが原因でいつでも冷静でいることの大切さを学び、工夫していつでも冷静でいようと思うようになった」というエピソードであれば、仕事に関することなので特に再現性が伝わりやすいので有効なのです。

自己PRでは常に冷静でいられる工夫とその原因を明かすことで信憑性を高める!

以上、いつでも冷静なことを自己PRでアピールする際のコツのご紹介でした。
いつでも物事に冷静に対処できるということを自己PRでアピールするためには、こうしたちょっと独特なコツが必要になります。
それをしっかり理解して、上手くアピールしていきましょう。