自己PRで営業職を志望する時のポイント | 新卒就活.com

2016/09/09更新

自己PRで営業職を志望する時のポイント

自己PRで営業職を志望する時のポイントをお教えします。営業志望の方が自己PRで希望を通すのはどうすればよいのでしょうか。
今後の就職活動をスムーズに進めるためにも、ポイントを押さえておくことは必須です。
ぜひ、就活生はこれらのポイントを参考にしてくださいね。

自己PRで営業職を志望する時のポイント1,精神力を推す

BL010-aremoshikashite20140810500

営業職にウケの良い自己PRのポイントはいくつかありますが、その一つはまず間違いなく「打たれ強さ」です。
営業職とはどんどん心が折れていくもので、辞めていく人も少なくないです。

ですから、やめないでくれる、断られたり邪険に扱われたりしても心が折れないで頑張ってくれるということが分かる自己PRは印象が良いのです。

~証明するエピソードと照らし合わせて言葉を選ぶこと~

だから、「打たれ強い精神力がある」という自己PRは営業職にウケの自己PRとなるのです。
その他にも「何事にもあきらめないでチャレンジする性格」とか、言い方はいろいろありますが、それを証明するエピソードと照らし合わせて言葉を選んでみてください。

自己PRで営業職を志望する時のポイント2,コミュニケーション能力の高さ

営業とはすなわりコミュニケーションです。ですから、コミュニケーション能力が高いという自己prのポイントも、営業職にウケの良い自己prとなるでしょう。
ただコミュニケーション能力が高いという自己PRは人とかぶりやすいために、かなり印象に残るエピソードが必要になります。

~インパクトのあるエピソードをアピールできればなおよし~

そのコミュニケーション能力を証明するエピソードもありきたりなものしかないのであれば、コミュニケーション能力をアピールポイントとするのはあまりお勧めしません。
しかし、逆にインパクトのある、人の経験していなさそうなエピソードがあるのであれば、コミュニケーション能力は間違いなく良いアピールポイントとなるでしょう。

自己PRで営業職を志望する時のポイント3,気が利く性格を主張

営業のコツは、簡単に言えば、相手が欲しがることをいち早く察知してそれを提供してあげることです。
ですから、人一倍気が利く性格というのは、営業向けの性格であると言えます。面接官もそれはわかっていますから、そこを自己PRのポイントとするのも印象が良くなるでしょう。

~数字を交えたエピソードでアピールポイントを証明すること~

ただこの能力は特に伝わりにくい能力なので、
「アルバイト先の介護センターで15人の患者さんたちを1人で同時に相手している間に次第に相手が何を欲しているのかわかるようになり、言われる前にそれをしてあげることができるようになって表彰された」
というように数字を交えたエピソードでそれを証明してあげてください。

そうして数字を交えて自己PRをすると、このようにわかりにくいアピールポイントもわかりやすくなり、ますます魅力的な自己PRとなります。

自己PRで営業職を志望する時には最適の性格であること・数字を交えて話すことが大事!!

営業に受けの良い自己PRのポイントとしては、以上の通りとなります。
ここまで読んできていただきすでにお分かりかと思いますが、営業に受けの良い自己PRをするためには、自分が営業向きの性格であることをアピールすれば良いということになります。
自己PRではやはりそうしてその職種に適した自己PRを都度用意することが大切です。

仕事に全然関係ない能力をアピールされても困るだけですからね。ここで紹介した他にも営業向きの性格・能力はたくさんありますから、この他にも、どんな性格の人間が営業に向いているだろうかということを良く考えてみて、自分が営業向きの人間だとアピールできるポイントを見つけてみてください。
もちろんここで紹介した3つをそのまま活かすのもおすすめです。