自己PRで好奇心をアピールする際の注意点 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己PRで好奇心をアピールする際の注意点

自己PRで好奇心をアピールする際の注意点をご紹介します。
自己分析や他人分析の結果、自身の強みが好奇心が強いとなれば、あとはそれを上手く自己PRにそれを上手く伝えることが重要です。この記事ではうまくその好奇心の強さを採用側に伝える手段を考えていきます。

自己PRで好奇心をアピールする際の注意点1,他社と被りやすい

wax-71192_960_720

さて、何も考えずに好奇心が強い!と言い切れる方はいないと思います。
おそらく多くの方は、「色々なことに挑戦できる」といった経験からそれを自身の自己PRのポイントにするはずです。
実はその経験は、仕事でも非常に重要となってきます。
他の強みでよく見る「コミュニケーション能力」は学生と採用側のギャップもあり、うまく自己PRできないこともありますが、好奇心に限って言えば、ほぼギャップはありません。こういった意味でいえば、好奇心の強さは自己PRのポイントとして適しているものであるといえるでしょう。

●好奇心をアピールする際は差別化が大事!

ただし、この好奇心というキーワードは所謂一般的なもの。
他の志望者も同じく好奇心の強さをアピールする可能性は大です。
こうなると、採用側は志望者を比較しやすくなります。内定者全てを同じ強みを持っている者を揃えるのは、戦略的にあり得ません。
内定者全てが好奇心旺盛型の人物だとしたら、それぞれがバラバラに動いてしまう気がしますよね。まとまる話もまとまらなくなります。
となれば、好奇心旺盛型の志望者で評価の良い一部の人を採用することになるでしょう。
このように好奇心の強さは良いアピールポイントですが、他の志望者と競合することを覚えておきましょう。

自己PRで好奇心をアピールする際の注意点2,採用側とのギャップに注意!

前項で好奇心というキーワードに学生と採用側のギャップはほぼないと言いました。
あえてほぼといったのは、ギャップが生まれる可能性はゼロではないということ。
自己PRを行う上で、好奇心が強いといえる経験は大きく分けて2つに分類されると思います。

1つは、自分の好きな事柄の周辺の事柄に好奇心をもつ「趣味嗜好型好奇心」。
もう1つは、全く関連性の趣味嗜好と関連性のない事柄に好奇心をもつ「分散型好奇心」。
どちらが悪いという話ではありませんし、自己PRにもなります。

●志望先の業務内容に沿った「好奇心」の使い方が重要!!

ただ、採用側とのギャップが生まれるのはこの部分です。その企業がどちらの好奇心を重視するかの見定め、効果的に自己PRすることが重要なのです。
ここを見誤るとギャップが生まれ、選考結果に響いてきます。
ではどうやって見極めるのでしょうか?答えは志望企業の業務内容です。
幅広い業界を相手にする企業であれば、どちらかというと「分散型好奇心」を好みます。逆に特定業界であれば「趣味嗜好型好奇心」といった具合です。
この部分は、ホームページ上だけではわからないこともあります。現場社員との話す機会がより重要。
会社説明会やOB訪問は積極的に行い企業研究を深めていきましょう。

自己PRで好奇心をアピールする際の注意点3,2種類の意味を知る

前項の内容をさらに深く見てきましょう。まずは「趣味嗜好型好奇心」。
多くの方はこちらに属するのではないでしょうか。自分の好きな事柄に関連した事柄に対して好奇心を抱いていくことですね。
ラーメン好きが高じてラーメン屋巡りを行うようになり、さらにうどん・そばにも興味を持ち、勉強し、実際に手打ち体験をしてみる。まさに趣味嗜好型ですね。
この場合の自己PRでは、関連している事柄に対してなんでも興味を抱き実際に行動することができる、といった具合のストーリーが一般的。
「趣味嗜好型好奇心」を好む企業であれば、1つの作業を経験し、さらにそこから関連する業務に発展。発展していく経緯の中で、積極的に課題を見つけ、色々な視点から創意工夫をもって解決していく人物を求めます。

●「趣味嗜好型好奇心」は関連している事柄に対してなんでも興味を抱き実際に行動する
●「分散型好奇心」は常に何かしらのアンテナを張って行動している

次に「分散型好奇心」。ラーメン好きが高じてラーメン屋巡りを行っているが、道すがら見つけた素敵なカフェが気に入り、カフェ好きに。さらにカフェのお客さんが持っていたゴルフバックが気になり、ゴルフを練習しだす。
こういう風に書くと落ち着きがない人物に思えてしまいがちですが、実際に「分散型好奇心」の方は多趣味の場合が多いです。
この場合の自己PRとして効果的なキーワードは「アンテナを常に張っている」というもの。
これは、総合商社や、多数の業界を相手にする企業の場合に好まれる好奇心のタイプですね。

自己PRで好奇心をアピールする際は他者との差別化が大事!

どちらのタイプについても、共通的にもってほしいことがトライ&エラー(試行錯誤)という考え方。
好奇心が強い方は、マーケティング用語でいう「イノベーター」「アーリーアダプター」に属する要素をお持ちの場合が多い。
そういった人物が仕事をするうえで成果を出すコツは、トライ&エラー(試行錯誤)の精神を持つことです。
簡単に言うと「とりあえずやってみる」という考えを大事にすること。誰よりも先に好奇心をもって行動するわけですから、失敗も時にはあります。そこでくじけることなく、失敗を分析し成長することこそ重要なのです。
これって就職活動にも当てはまりますよね。不採用になったとしても、いじけることなく自己PRの見直しを行い、次へ気持ちを切り替えましょう。
好奇心旺盛な方には簡単なことです。皆さんの成長を期待します。