自己PRで「挑戦心」を上手くアピールする3つの方法【例文あり】 | 新卒就活.com

2016/09/12更新

自己PRで「挑戦心」を上手くアピールする3つの方法【例文あり】

自己PRで挑戦心を上手くアピールする3つの方法についてご紹介します。
自己PRは就職活動において、エントリーシートから面接まで様々な場面で質問されます。
そんな自己PRに「挑戦心」を選んだ方は必見のページです!
自己PRで挑戦心を上手くアピールする3つの方法をみていきましょう。

自己PRで挑戦心をアピールする方法1,簡単簡潔にまとめる

dandelion-341464_640

面接の自己PRにおいて挑戦心があることを上手にアピールすることができたら面接官から高い評価をもらうことがでます。
現代では日々新しいものが登場し、ビジネスシーンにおいても常に新しいことに取りくむ柔軟性は求めらる能力の1つなのです。
では自己PRで挑戦を上手にアピールするにはどうしたらいいのか?

~自己PRはシンプルに!要点を明確にしたアピール方法がベスト~

それは自己PRはシンプルにまとめることです。
自己PRでは自分の強みに紐づいた経験を話すのは基本ですが、あまりに長々と話しては肝心の挑戦心の部分がぼやけてしまいます。
そのた挑戦心をアピールしたいのであれば、簡単簡潔を心がけてください。

自己PRで挑戦心をアピールする方法2,ステップを参考にする

挑戦心を自己PRするには以下のステップで自己PRを作成してください。

●アピール
自分の強みは挑戦心だとアピールする
●経験
・過去に挑戦心が発揮された経験を話す
・どんなことに挑戦したのか。
●結果
・挑戦した結果何を得ることができたのか
●貢献
・挑戦心をどのようにして貢献するか

~話のスケールは関係ない!挑戦する意欲をアピール!~

以上が自己PRのステップです。
このステップで自己PRすることにより、挑戦心を効果的にアピールすることができます。
経験では自分が過去に挑戦したことを具体的に話しましょう。
話の大小は関係ありません。
大切なのは何かに挑戦したいう事実を話すことです。

自己PRで挑戦心をアピールする方法3,キャッチフレーズ

自己PRで挑戦心を上手にアピールするには他にも効果的な方法があります。
それはキャッチフレーズを作ることです。
例えば「私は常に未知のことに挑戦することに魅力を感じます」や、「私は新しいことを敏感に察知しチャレンジする精神を持っています」というように、挑戦心という言葉を他の言葉に言い換えるのです。

~挑戦心を他の言葉に言い換えるのがポイント!~

実は自己PRで挑戦心をアピールする就活生は大勢います。
「私の強みは挑戦心です」と普通にアピールしては、その他大勢の中に埋まってしまうことでしょう。
そこで自分のキャッチフレーズを作ることにより、面接官の興味を引くことができます。

自己PRで挑戦心をアピールする際は具体的なエピソードが必須!

いかがでしょうか?今回は自己PRで挑戦心を上手にアピールする方法についてご紹介しました。
挑戦心は上手にアピールすることができれば内定をぐっと引き寄せることができるでしょう。
そのためにはしっかりと過去の経験を洗い出し、どの話を自己PRで話すのかをしっかりと決めておきましょう。

社会人が自社のサービスや商品を誇張することは日常茶飯事であり、求められる能力の1つといえます。
今回ご紹介した自己PR方法を参考にして、上手に挑戦心をアピールしてください。