自己PRで探求心を伝えたい学生に送る伝え方とコツ | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己PRで探求心を伝えたい学生に送る伝え方とコツ

自己PRで探求心を確実にアピールする方法をご紹介します。
この記事では、自己PRで探究心をアピールする際のコツをまとめています。
探究心をどのようにアピールしたらいいかわからない人は必見。探究心をアピールするコツをしっかり掴みましょう!

自己PRで活用できる探究心の意味

ring-948010_640

はじめに確認しておきたいのは「探究心」の意味です。
「探究心」がどういう意味なのか、一度確認しておきましょう。
実用日本語表現辞典には、「物事について、深い知識を得たり、原因を解明したりしようという気持ちのこと」とあります。
物事に興味を持ち、積極的に知ろうとする姿勢は、誰もが持っているものではありません。
仕事に探究心を持って取り組むことができることは、大きなアピールポイントになります。 

●仕事に探求心を持って取り組むことができる姿勢を示そう!

何に対しても「知りたい」という気持ちがある人は、仕事の飲み込みも早いですよね。
そのような姿勢があれば、上司や同僚からも信頼されるでしょう。
顧客や商品に興味を持ち続けることができることは大きな強みです。
それに加えて、結果を出すために行動することができれば、仕事で成果をあげやすいと言えます。
自己PRで探究心をアピールして、面接官にあなたが仕事で成果を上げる姿を想像させましょう。

自己PRで探究心をアピールする際のポイント1,具体的な行動を示す

自己PR探究心をアピールする際に重要なのは、「具体的な行動」を示すことです。
自己PRの裏付けとなるエピソードを、わかりやすく伝えて面接官を唸らせましょう。
付ける証拠になります。

●自己PRである探求心を裏付けるエピソードを書こう

エントリーシートを書く際や面接の際には、「あなたがどんな人か面接官にイメージさせること」が大事になってきます。
あなたの探究心がいくら強くても、面接官にあなたがどのように行動できるのかをイメージさせることができなければ、意味がありません。
一緒に働いている姿をイメージさせましょう。

【行動を具体的に伝える自己PRの例】
「私は探究心を活かして仕事に取り組めます。アパレルショップでのアルバイトの接客では、商品について学び続けました。
新商品が出た際には、カラー展開やサイズ・値段・在庫状況を調べ、その日のうちに覚えることを心掛けました。
また、お客様の年代や性別による色・素材の好みを自分なりに分析し、他のスタッフと共有するようにしていました」。

多くの学生が取り組んでいる接客のアルバイトをエピソードとして話すことができます。 ゼミや研究室での調査・実験は、探究心をアピールする際に面接官イメージしてもらいやすいと言えるでしょう。

自己PRで探究心をアピールする際のポイントを以下でご紹介しましょう。

●企業の利益に繋がることを想像させる
あなたの探究心を生かした行動が、どのような結果に繋がったのかを自己PRでは伝える必要があります。
企業の利益に繋がることを面接官に想像させることができたら、ポイントが高いですね。

●具体的例や数字・客観的な評価が必要
そのためには、具体的な例や数字、他人からの評価を示さなければいけません。
客観的な評価は信憑性を高めることが可能になる。

自己PRで探究心をアピールする際は一緒に働いている姿を面接官に想像させる伝え方が重要!

これまで、自己PRで探究心をアピールする方法をまとめてきました。探究心をアピールするコツはつかめましたか?
自己PRは、面接までに準備するのはもちろん、エントリーシートを書く際にも必要になります。
就活生の方は、自分の長所や特徴を洗い出し、早めにまとめておきましょう。