自己PRで積極性を確実にアピールする方法 | 新卒就活.com

2015/12/22更新

自己PRで積極性を確実にアピールする方法

自己PRで積極性を確実にアピールする方法をご紹介します。
積極性というのは、どんな会社であっても大切なことです。積極的にトライし、積極的にいろいろと学び成長するというのは、すごく魅力的ですから。そこでここでは、自己PRで積極性をアピールする際のポイントを紹介していきます。

自己PRで積極性をアピールする方法1,言葉を言い換える

dog-682615_960_720
積極性というのは魅力的なことです。ですが、少し抽象的なところがあります。
ですから、積極性があるという言葉でアピールすることは避けた方が良いでしょう。積極性を自己PRでアピールするのであれば、より具体的な言葉に言い換えてアピールするようにしていってください。では積極性はどのような言葉に言い換えていけば良いでしょうか。

●積極性の中身を見て言い換える言葉を探そう!

積極性をより具体的に言うのであれば、「私の強みは、何事も自主的に勉強をして、マスターしようとするところです。」というように言い換えていくと良いでしょう。
これは好奇心的な使い方での積極性の言い換えの例ですが、ようは、積極性の中身を見ていけば良いのです。
そうすれば自己PRで使える具体的な積極性の言い換えが出来るでしょう。

自己PRで積極性をアピールする方法2,トライした結果を述べる

ただ積極的にいろいろとトライするだけで、その積極性に結果が伴っていないというのであれば、それは決して魅力的にはなりませんよね。
ですから、そうならないためにも、きちんと自己PRでも積極性の成果をアピールしないとならないのです。
その積極性を通じてどんな結果が出たのか、それをエピソードとして紹介していきましょう。

●結果の大小は関係なし!努力の内容を具体的に話そう!

その結果は、何も大きな結果でなくとも問題ありません。
たとえば、TOEICで900点取ったとか、そんなような大きな結果は必要ないのです。
自分なりの結果が出ていれば問題ないのです。
ですから、結果が大きな成果でなくとも、きちんと伝えるようにしていってください。
自己PRでは経過も重要ですから、もちろん結果だけでなく、努力の内容も具体的に示していきましょう。

自己PRで積極性をアピールする方法3,トライする理由が必要

積極性をもって色々なことにチャレンジするのであれば、そこには何かしらの理由があるはずです。
自己PRでは、なぜ積極的にいろいろとチャンレジしたい気持ちが芽生えたのか、その積極性の理由も説明するようにしていきましょう。
その理由が分かることで、その積極性の再現性が伝わっていくのです。ですから、自己PRではその積極性の理由が必要なのです。

●積極性にチャレンジする理由がなければ再現性が伝わらない!

再現性が伝わらないと、その自己PRでのアピールポイントは魅力的にはなりません。積極性をもって色々とやれるということが分かっても、それが仕事上ではいきないというのであれば、魅力的に思うはずもありませんよね。ですから、きちんと行動原理を説明して、再現性の高さを伝えていく必要があるのです。

自己PRで積極性をアピールする際はトライした結果と努力した内容を具体的に説明する必要がある!

以上、自己PRで積極性をアピールする際のポイントのご紹介でした。
もしこれらの事を知らずに自己PRで積極性をアピールした場合、その魅力はあまり伝わらないでしょう。しっかりと魅力的に思ってもらうためにも、ぜひ参考にしてください。