自己PRで「素直さ」をアピールして面接官の心をつかむ究極の方法 | 新卒就活.com

2016/09/05更新

自己PRで「素直さ」をアピールして面接官の心をつかむ究極の方法

自己PRで素直さをアピールする方法をお教えします。自己PRの書き方が分からない人は、ぜひ読んでみてください。
アピールする方法を知って、今後の就職活動をスムーズに進めましょう。そして、希望企業に内定をもらいましょう。就活生は必見のページです。

自己PRは企業が求めているものを把握して書くこと!!

0d4423b3705f49775cc617802d6ad684_s

エントリーシートや履歴書には自己PR欄が必ずといっていいほど設けられているため、そこに自分の長所などを記載して企業にアピールする必要があります。

ただ、自己PRといっても様々な書き方がありますし、企業が求めているものが何かを把握しておかないと、書いた自己PRが全く企業に響かないということにもなりかねません。

~自己PRでは素直さがマイナスイメージになることがある!!意味を履き違えないこと~

よく長所で素直ということを自己PRに使用する場合もありますが、この素直という言葉の意味を履き違えてしまっては、素直が逆にマイナスイメージになる場合もありますので、まずは素直とは何かを知ることから始める必要があります。

企業の求める素直さとは何か?

自己PRで素直をアピールしたい場合、企業が求めている素直さとは何かを考える必要があります。

素直と聞くと、誰の言うことでも聞いて従順といったイメージ、逆らわずに従うといったイメージを持つと思いますが、これは仕事上においては半分正解、半分間違いだといえます。

~従順なだけの社員は求められない!!自分なりに業務内容を理解して仕事を進められる人が必要~

誰の言うことでも聞いて従順なだけの社員は企業は求めておらず、言われたことに対して素直に受け止め、それを自分なりに理解して仕事に生かすということが、企業の求める素直さですから、ただ従順なだけを自己PRでアピールしてしまうと、この人は言われたことしか出来ないと受け取られる可能性もあるわけです。

仕事上で求められる素直さとは何か?

自己PRで素直をアピールする場合、それは誰目線での素直さなのかをまず把握しておく必要があります。

自分で自分のことを素直だと感じていても、周りから見れば何を言われても反論もしない、意見も言わない消極的な人と映っている場合があります。

~上司へ意見する行動力や仕事を進める上での判断力も必要とされている~

仕事を行なううえで必要なのは、会社の言うことを聞く姿勢と、それを自分なりに生かせる適応力、疑問に思ったことは自分から上司などに聞いたり意見したりする行動力と判断力も必要です。

それらを織り交ぜた自己PRの中で、素直さを強調すれば企業側にも自分のアピールしたいことが上手く伝わるのではないでしょうか。

自己PRで素直さをアピールする時には具体的な例を入れること

new-york-472392_1280

自己PRを書く場合、漠然とした文章ではいくら素直さをアピールしても伝わりません。
そのため自己PRで素直さを伝えたいのであれば、体験談を基にした文章で素直さをアピールすると分かりやすくなります。

~他の人に自己PRを読んでもらって履歴書作りを行うこと~

ただし体験談の場合は、注意しなければ独りよがりな文章になることが多いので、事前に文章を作って周りの人に見せて判断をしてもらうと良いでしょう。

そうすることで自分のアピールしたい文章が完成していきますし、他の人の意見を聞くことでその文章の悪い点も見えてくるはずですから、素直さをアピールしたい場合は具体例を盛り込む、事前に文章を作ってみる、他の人の意見も参考にすることを心がけると良いでしょう。

自己PRで素直さをアピールするには行動力もあると評価されるエピソートを入れること!!

自己PRで素直さをアピールするには、行動力もあると評価されるエピソートを入れることが大事です。

その際には、他の人に読んで貰って完成させるようにしてください。

素直さとは従順なだけではないのです。ぜひ、その意味を理解した上でアピールするようにしてくださいね。