自己PRで臨機応変さをアピールする方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己PRで臨機応変さをアピールする方法

自己PRに思考の柔軟性や臨機応変さを打ちだしていくことは、容易ではありません。
一方で、危機管理やトラブルに遭遇した際の処理能力や対応能力には非常に重要になる能力のため、エピソードを用いながら効果的にPRする必要があります。以下で自己PRで臨機応変に行動できることをアピールする方法を見ていきましょう。

自己PRで臨機応変さをアピールする方法1.その後の対応がカギ

connect-316638_640
臨機応変はその場その場で最善策を講じる頭の回転の速さや、発想力が問われます。
一方で、文章で臨機応変さを表すのは難しいものです。面接などの自己PRで実際の能力を見せることも可能ですが、現実的にはまず履歴書から問題になるケースも多く、文章に表した時点でリアルタイムの反応を伝えられない欠点があります。

●臨機応変に対応した後の心構えも重要なポイント

そのため、臨機応変さが良く伝わるエピソードを文章化する必要があります。
自己PRで使おうと思ったからにはそれに気づくきっかけもあったはずです。
そのエピソードの掘り下げや、今後の課題につなげる発想も重要です。
より綿密な計画を立てるようになった、あるいはトラブルを予測してより柔軟な体制を整えるようになったなど、その後の対応も重要と言えます。

自己PRで臨機応変さをアピールする方法2,予測不能な事態であったことを強調する

自己PRで臨機応変を打ち出す場合に気を付けなければいけないのが、エピソードの前段階についても聞かれる可能性があると言うことです。
例えば、何かトラブルがあって臨機応変な対応をして乗り切ったとして、事前にそれが予測できなかったのか、備えをしていなかったかが重要なポイントになる事もあります。

●準備不足というマイナスの側面をカバーする必要がある!

面接の際などは特に指摘されやすいポイントで、前準備が不十分であれば、臨機応変さよりも準備の不十分さが目立ってしまう可能性もあります。
自己PRにおいては事前に予想出来る事態ではなかったことなど、不可抗力であることを強調する必要性が生じる場合もあるのです。
自分の魅力をしっかりと伝えるためにもしっかりとした確認も重要です。

自己PRで臨機応変さをアピールする方法3,発想力や着眼点に重点を置く

自己PRで一番臨機応変さが問われるのが、面接のときと言うケースもあります。
特に定型的な質問をしても就活生の個性を掴みづらいと言う理由から、個性的な質問や哲学的な質問で本質を見出そうと言う企業も現れているのです。
想定外の質問をされた時こそ臨機応変さが問われ、思考の柔軟性も重要となります。

●面接前に連想ゲームで発想力を高めるトレーニングがオススメ!

臨機応変さをさらに高めたいのなら、連想ゲームなどで発想力を高めるトレーニングがオススメです。
発想力はコミュニケーションの方法の多彩さにもつながり自己PRにも使いやすい分野ですので、専門性の高さよりも、発想力や着眼点に重点が置かれたクイズなどをこなすのも良い訓練になると言えます。

自己PRで臨機応変さをアピールするためには思考の柔軟性を保つ訓練をしておくと安心!

自己PRで臨機応変さをアピールするためにはエピソードを掘り下げ、伝わりやすくする努力が重要です。
計画性のなさと捉えられては本末転倒のため、話題も良く練り込む必要があります。
また、面接内で臨機応変さや発想力を試す質問を導入する会社も増えています。
即答できることもプラスになるため、同時に思考の柔軟性を保つ訓練をすることも重要なのです。