自己PRで面接官が連想できるように計画性をアピールする方法 | 新卒就活.com

2016/09/05更新

自己PRで面接官が連想できるように計画性をアピールする方法

自己PRで計画性を効果的にアピールする方法についてご紹介します。
就職活動=自分を売り込むこと。つまり、自己PRは一番重要なアピールツールともいえます。
その中でも計画性をアピールするのであれば、ありきたりにならないようなエピソードが必要となることを覚えておいて下さい。

自己PRポイント1,難しい計画を実現させたエピソードを述べる

mathematics-757564_640
計画性があると言われてもそれに関する具体的なエピソードがないといまいち魅力的には見えません。
計画性なんて誰にでも多少はそなわっているものですから、それを自己PRでアピールするには、よほど長期的な計画を成功させた実績か、よほど難しいことを実現したという実績がないと弱いです。

~信憑性があり且つインパクトのあるエピソードが必要不可欠!~

たとえば一年間毎日1時間勉強して一年後にTOEICで900点取るという計画をたて、それを実現したとか、なるべく難しい計画を実現したエピソードをあげてみてください。
計画性は比較的にまわりの方ともかぶりやすい自己PRであると言えるので、そうした工夫が必須であるということは覚えておいてください。

自己PRポイント2,いくつかの計画のエピソードを用意する

自己PRの計画性はいくつかのエピソードを用意して、いくつかの角度からアピールしていかないと、「その時たまたまそうだっただけじゃないの?」と思われてしまい、いまいち強いアピールとならないことがあります。
自分の好きなことにだけ計画性が発揮されて仕事にそれが発揮されないのであれば、まったく意味がありません。
ですからそう思われないよう、自己PRで計画性をアピールする際には、いくつかのエピソードを用意しましょう。

~相反するエピソード同士を挙げると効果的!~

勉強とスポーツ、苦手なことの克服と得意なことでの目標達成、などといったように、相反するエピソードがあればなお効果的です。
そうしていろいろな角度からエピソードを紹介すればするほど、計画性の説得力はたかくなります。

自己PRポイント3,キャリアプランを明確にする

自己PRでの計画性のアピールには一つ利点があります。
それは、計画性のアピールをすることが、同時に熱意のアピールにもなりうるということです。
計画性のアピールをするためには、これからのアピールをするということが重要ですよね。
そうしたこれからの計画のアピール=キャリアプランの説明になり、熱意が伝わるのです。つまり一石二鳥の自己PRとなります。

~会社の将来と照らし合わせながら具体的なキャリアプランを述べること~

「こうした計画性を活かし、○○をいつまでに実現し、5年後には○○になり、10年後には○○に取り組めるよう、今は○○に取り組んでいます。」というように具体的に将来のそこの会社での計画を記載していきましょう。
将来の計画は具体的であればあるほど良いので、会社の将来性などと照らし合わせなるべく具体的に記載するようにしてください。

自己PRで計画性をアピールする際には説得力のある具体的なエピソードを述べること

以上、自己PRで計画性をアピールする際のポイントのご紹介でした。
自己PRの計画性のアピールは、たしかにかぶりやすいものではありますが、計画性というのは社会人においてかならず必要な能力ではあります。
これまでのいくつかの強いエピソードや、これからの計画を語っていき、強い説得力を見せていけば非常に効果的な自己PRとなるというのもまた真実です。

ですから、もしきちんとそういうエピソードを用意できるのであれば、自己PRに記載していくのにはすごくオススメだったりもします。
是非今までの自分を振り返り強いエピソードを探し、かつ、これからの計画を綿密に立てていってみてください。