自己PRで誠実さを魅力的にアピールする方法 | 新卒就活.com

2015/12/22更新

自己PRで誠実さを魅力的にアピールする方法

自己PRで誠実さを魅力的にアピールする方法を紹介します。
誠実であることというのは、上手くアピールすることが難しいポイントではあります。
ですが、それを上手くアピールできれば、人間的に魅力的な人物だと思ってもらえる可能性は高いです。では、誠実さを自己PRでアピールする際のコツをみていきましょう。

自己PRで誠実さをアピールする方法1,客観的な事実を強調する

bowtie-923969_960_720
誠実であるということは、間違いなく素敵なことですし、人間的に魅力があることは間違いありません。
ただ、自分で自分を誠実だということを人はどう思うでしょう。
そんな人間が誠実であるとは考え難いですよね。ですから、誠実であることをアピールしたいのであれば、人から誠実だと言われるということを強調しましょう。

●人に言われてはじめて自覚した風に話そう!

そうして人に誠実だと言われているうちに、自分がそういう人物であることに気が付き、それはこういう理由でアピールになると思った。
というように自己PRの中で説明していけば、信憑性も出ますし、誠実さも損なわれません。
ですから、そういうような伝え方で伝えていくようにしてください。そうすれば誠実さを自己PRでアピールすることもうまく叶うでしょう。

自己PRで誠実さをアピールする方法2,根拠となるエピソードを紹介する

自己PRで誠実さを証明するためには、どういう行動をして人から誠実だと言われたのかということを紹介していく必要があります。
他の自己PRのアピールポイントではそこまで詳しく説明しないかもしれませんが、誠実というアピールポイントを自己PRでアピールする際には、きちんと行動の内容も説明していくようにしてください。

●誠実な行動をとった理由を説明する必要がある!

行動の内容を説明するためには、何故そうしたのかということも説明していく必要があります。
それを説明していくことで、考え方も実際の行動も誠実で、「この人は本当に誠実な人なのだ」ということをアピールしていくことが出来るようになります。ですから、きちんと自分の誠実な行動の、行動原理も説明するようにしていきましょう。

自己PRで誠実さをアピールする方法3,複数のエピソードを用意する

また、誠実さを自己PRで説明する際には、いくつかのエピソードを用意できればなお良いです。
一度の行動であれば、その時たまたまそうしただけという可能性もあり、再現性が信じられないということもあります。
それくらいに誠実さの再現性というのは伝わりにくいものなのです。ですから、きちんとそれを伝えるために、もう一つくらいエピソードがあると、なお良いのです。

●出所の違うエピソードをいくつか話すことで誠実さの再現性が伝わる!

その、自己PRに用いるもう一つのエピソードは、違うジャンルのところから持ってきたエピソードにしてください。両方アルバイトの話では、その誠実さはそこでしか発揮されないのかと思われてしまいます。そうならないようにするためには、違うジャンルのエピソードを持ってくる必要があるのです。
ですから、アルバイトとサークルなど、出所の違うエピソードを用意してください。

自己PRで誠実さをアピールする際は客観的な事実に基づいたエピソードを話すと吉!

以上、誠実であることを自己PRでアピールする際のコツのご紹介でした。
誠実さを伝えることは、こうして気を使わないと難しいです。
しかし、しっかりこれらの3つを守れば、自己PRで適切に誠実であることも伝えられるので、誠実さをアピールしたい場合はぜひ参考にしてみてください。