自己PRで「諦めない心」を効果的にアピールする方法【例文あり】 | 新卒就活.com

2016/09/09更新

自己PRで「諦めない心」を効果的にアピールする方法【例文あり】

自己PRで諦めない心を効果的にアピールする方法についてご紹介します。
履歴書、エントリーシート、面接などで必ずと言ってもいいほど聞かれる自己PRは就活生にとっては重要なキーワードでしょう。
自己PRとして諦めないという心をアピールしようと考えている方は必見のページです!

自己PRで諦めない心をアピールする方法1,差別化を図る

list-800759_640
仕事をしていると多くの困難にぶつかることがあるため、諦めない心を自己PRで上手にアピールすることができれば採用担当からの注目を集めることができるでしょう。
しかし自己PRで諦めない心をアピールする就活生は非常に多く、他者と差別化を図れなければ大勢の中に埋もれてしまい採用担当の目に留まることはないでしょう。

~諦めない心を別のフレーズに置き換えること!~

そこで他者と差別化を図るためにも「諦めない心」というフレーズを使用するのではなく、何か別のフレーズに置き換えて自己PRをしましょう。
例としてあげると「どんな壁にぶち当たっても歩みを止めない」と表現すると採用担当の注目を引くことができるでしょう。

自己PRで諦めない心をアピールする方法2,結論から述べる

自己PRで諦めない心を上手にアピールするためには、それに紐づいた経験を話しつつ諦めない心をアピールする必要があります。
そのためには脈略もなく過去の経験を話し出すのではなく、まずは結論から述べるということを意識してみましょう。

~諦めない心の根拠を示す具体的なエピソードが必要!~

構成としては【結論→理由→具体例→結論】と理由と具体例を結論で挟むと分かりやすい文にすることができます。
このとき先にも述べたキャッチフレーズをず冒頭に持ってきて採用担当の注目を引きましょう。
自己PRでは文の構成を守ることはとても大切なので、しっかりと意識して自己PRを作りましょう。

自己PRで諦めない心をアピールする方法3,構成に沿って書く

自己PRで諦めない心を効果的にアピールするための方法として、文章の構成を守るというのもポイントです。
構成としては上記で記載されている通り【結論→理由→具体例→結論】となっています。

■結論
・「私は自分ができないことにも常にチャレンジして壁を乗り越える力があります」
■理由
・「それは大学2年のとき、ハーフマラソンを走りきったことで発揮されました」
■具体例
・「当時私は体力がなくそれがコンプレックスだったためそれを克服するために高い目標を掲げました」
・「ハーフマラソンを完走するために週に3回のランニングで基礎体力作りをし、時間があればジムにも通い肉体改造もしました」
・「その結果大学2年時にハーフマラソンを完走することができました」
■結論
そのため「私の強み」は諦めない心であり、その強みで仕事においてどんな壁に当たっても諦めずに何事もやり遂げたいと思っております。

上が自己PRで諦めない心をアピールするための例文です。
具体例の中では【課題・取り組み・結果】の構成に分けて自己PRをするとより分かりやすくアピールすることができます。

自己PRで諦めない心をアピールする際は企業への貢献度も忘れずに添えること!

例文の最後ではどのようにして企業に貢献するかとうことが書かれていますが、これは企業への志望度をアピールするためにもとても大切な部分です。
そのため自己PR文の最後の諦めない心をどのようにして企業に貢献するかということをしっかりと添えてください。

採用担当は自己PRで就活生の人柄と企業への志望度も見ているのでしっかりとアピールする必要があります。
今回ご紹介したポイントと例文をもとにして採用担当の注目を引く自己PRを作ってください。
諦めない心を上手にアピールすることができれば採用担当からも高い評価をもらえるでしょう。