自己PRで「適応力」を効果的にアピールする最善の方法 | 新卒就活.com

2016/09/09更新

自己PRで「適応力」を効果的にアピールする最善の方法

自己PRで適応力をアピールする方法についてご紹介します。
よく自己PRで適応力をアピールする就活生の方がいらっしゃいますよね。
それはそれで問題はないのですが、「適応力」の一言はとても幅広く、様々な能力が存在しているため、自己PRする際には注意が必要です。

適応力とはどのようなものか?

girls-739071_640
企業の面接やエントリーシートでの自己PRで適応力をアピールする場合、まずは適応力とはどのようなものかを自分自身では分かっていなければアピールできないといえます。

漠然とした言葉なので細かく伝える必要がある

適応力と一言で言えば簡単ですが、企業側にそれを伝えるのは非常に難しいといえます。仕事に対しての吸収力、トラブルなどに対しての柔軟性、行き詰った場合の臨機応変な考え方など、全てが適応力に当てはまることだといえます。

そのため自己PRで「自分には適応力があります」と漠然とアピールしても、企業には一切伝わりませんから、自分の適応力がどのようなものか伝わるような自己PRを行なわなければいけません。

自己PRで適応力をアピールする方法1,即戦力と成りうる可能性を示唆

chess-316658_1280

適応力を自己PRでアピールしたい場合、企業の求める適応力とは何かをまず考えてみる必要があります。
基本的に企業の求める適応力とは、早い段階で仕事に慣れて即戦力となれるかどうかですから、自分自身にその適応力があるかどうかを自己PRで伝える必要があるわけです。

自身の体験談を織り交ぜてアピールしよう

そのため、実際に自分自身が経験した体験談を織り交ぜて適応力をアピールするのが最も企業に伝わりやすく、かつ印象アップにも繋がる方法だといえます。

特にアルバイトなどで適応力を発揮していた事例があるのであれば、そこを前面に押し出してアピールすると良いでしょう。

PDCAの順序で書くと伝わりやすい

いくら内容が素晴らしくても、伝え方が下手だと伝わるものも伝わりません。では、どうしたらいいのかというと、ビジネスで頻繁に使われるPDCAサイクルで書くといいでしょう。就活生では、言葉の意味なども知らない方がいると思いますが、

P=Plan(計画)
D=Do(実行)
C=Check(評価)
A=Act(改善)

といったサイクルです。最後には、この経験がどのように仕事に活かされるのかまで伝えられれば完璧です。

自己PRで適応力をアピールする方法2,吸収力

cube-442544_1920

自己PRで適応力を企業にアピールする場合、適応力=吸収力であるということを知る必要があります。
簡単に言えば、企業の業務をどれだけ自分のものとして吸収し仕事を円滑に進めることが出来るかは、適応力にも繋がることになるからです。

仕事を貪欲に覚えようとする熱意ある姿勢が重要

そのため吸収力の無い人、なかなか仕事が覚えられない人、仕事に対する熱意が感じられない人は、適応力があるとは言いがたく、自己PRで適応力をアピールできない人だといえます。

一方、仕事に対する熱意がある人は、貪欲に仕事を覚えようとしますから、熱意があるのも適応力に繋がるポイントとなるといえるでしょう。
もちろん熱意だけが空回りしてはダメですので、熱意+αをアピールする必要があります。

自己PRで適応力をアピールする際は実体験に基づいた事例をPDCAに整理して説得力を持たせる!

indications-101879_1920

自己PRで適応力をアピールすることは実は非常に難しいことだといえます。
自分がいくら自己PRで適応力があることを企業へ訴えても、実際には目で適応力が見えるわけではありませんから、実体験に基づいた事例が無ければ説得力に欠けます。

そのため、もし適応力をアピールしたいのであれば、実際の自分の実体験をどれだけ企業へ分かりやすく説明できるかがカギとなります。
曖昧な文章や内容ではなく、事実を踏まえた内容で適応力をアピールしなくては自己PRにはなりません。

企業が必要としているのは戦力です。ここに結びつくようにPDCAサイクルに基づいて、内容を組み立てましょう。