自己PRで長所と短所を確実に活かす方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己PRで長所と短所を確実に活かす方法

自己PRで長所と短所を確実に活かす方法をご紹介します。
新卒生を対象としたエントリーシートや面接の場では長所と短所が聞かれると思って臨んだ方が良いでしょう。
長所は勿論自己PRに繋がりますが、短所を自己PRに繋げれる人はそう多くはありません。
短所をいかにしてPRするか、また長所はどういったPRをすれば良いのか例を交えてお伝えします。

自己PRでは短所をストレートに伝えない!

sky-199154_960_720
短所を聞かれたらそのまま答えなくても構いません。
事前に自己分析を入念にして、短所をストレートに伝えてしまう人がいます。
自己PRの要素となるのに非常に勿体無いです。
採用担当側に立ってみると「そんな短所を正直に伝えなくても良いのに。その短所はいかがなものか。」と普通にマイナス要素として捉えられてしまいます。

●短所を伝える際は現在改善しようと努力している旨を伝える

短所を聞かれたら、現在克服しようと努力している旨、または克服した旨を伝えましょう。
そして仕事に活かせる要素も入れることが大事です。

例えば、
「私の短所は物事の判断を直感で決めてしまう事です。過去に何も考えず直感で決めたことで痛い目にあった事もありその時は大きく反省しました。
その反省から直感で動く時に考えながら行動できる様になりました。そして行動しながら考える事が大事だと分かりました。
今後の仕事ではスピード感が求められる時に直感に委ねたとしても、考えながら効率良く物事を進めていきたいと思っています。」

これは短所を長所に変えることができる良い一例です。この様に短所を長所に変換して仕事に活かせる自己PRを伝えていきましょう。

自己PRでアピールできるのは仕事に結びつく長所のみ

長所は絶好の自己PRとなる要素です。人は短所より長所を自己分析することの方が難しいかもしれません。
その為、時間をかけてでも具体的な経験に基づく長所を考えていきましょう。その上で大切になってくるのが、企業側が募集している仕事内容に活かせるのかがポイントになってきます。

●企業によって何パターンか長所を考えておくのが吉!

よく自慢の様な長所を伝えてしまう人がいる様ですが、それでは採用担当者には響かずむしろそれが短所に見られます。
物事の本質を見定めれない人と思われるかもしれません。自己PRでの長所は「その長所は社内での関係性、仕事面で如何に活きてくるか」を見られています。つまり事前の企業研究を入念にしていかなければなりません。
企業によって何パターンかの長所を考えておくと臨機応変に対応ができて良いかもしれません。

自己PRではありきたりな長所・短所は避ける

自己PRにおける長所と短所の大事な伝え方をお伝えしましたが、さらに押さえておくと良いポイントは「ありきたりな長所と短所は避けた方が良い」ということです。
採用担当者も何百人、企業によっては何千人もの人の長所と短所を見ています。

●他者との差別化を意識した長所を見つけよう!

例えば、「努力家、コミュニケーション力がある、粘り強い」といった長所は多くの就活生が伝えています。
これは決して悪い例ではありませんし、具体的な経験に基づく話であればとても良いでしょう。
しかし印象深く与えるには少し弱いかもしれません。
ご自身の経験は何よりの宝です。その経験を再度振り返って他の人にはない長所を考えてみるのも大事です。
そういった自己PRができる人は採用担当者から一目置かれる存在として見られていきます。

自己PRでは仕事に活かせる長所と改善の余地がある短所をアピールしよう

これまで長所と短所の自己PRの仕方をお伝えしてきました。
長所と短所でご自身の人間性が見られるので、決して怠らない様に考えておくことが大事です。
絶好の自己PRができる要素だと念頭に置いて、仕事に活かせる長所と短所を伝えていきましょう。