自己PRの一言フレーズで差をつける方法 | 新卒就活.com

2016/09/12更新

自己PRの一言フレーズで差をつける方法

自己PRの一言フレーズで差をつける方法についてご紹介します。
自己PRはエントリーシートから面接まで様々な場面で聞かれる質問ですから、就職活動において重要なキーワードには違いありません。
そんな自己PRをもっと効果的に、採用担当者に伝わる方法お教えしましょう。

自己PRにおける一言フレーズとは?

view-768429_640

自己PRにおいて自分を効果的にアピールするためには、まず他の就活生と差別化をはかる必要があります。
そこで有効なのが一言フレーズです。
一言フレーズはいわばキャッチフレーズのようなもので、自分の強みや長所を直接的な言葉で表現するのではなく、別の言葉に置き換えて表現することを指します。

●一言フレーズ=キャッチフレーズ!別の言葉に置き換えるのがポイント!

例えば自己PRで自分のアピールポイントが継続力であった場合、「私には継続力があります」と言うのではなく、「私は小さなことから大きなことを成す、を信条にしています」というように言い換えるのです。
これだけありふれた自己PRがオリジナル性のあるものへと変わります。

自己PRにおける一言フレーズの重要性とは?

自己PRで一言フレーズを使用するとなぜ効果的なのか?他の就活生と差別化をはかれるという理由の他に、面接官が話を聞きやすくなるという効果があります。
面接官は採用活動中日に何人もの就活生の面接を行い、トータルで何百人もの就活生と面接をしている人も中にはいます。

●一言フレーズで新鮮さを出す!面接官の興味を引きつけよう

そして面接官は聞き飽きるほど「私の強みは〜です」というフレーズを聞いているのです。
人間変化がないとそれに慣れてしまうため新鮮さがなく、自己PRが上手く頭に入ってこなくなります。
そこで一言フレーズを使い新鮮さを持たせつ事で面接官の興味を引き、話を聞きやすくすることができるのです。

自己PRの一言フレーズ参考例

●チャレンジ精神
「私は常に新しいことにチャレンジすることに喜びを感じます」

●向上心
「私は常に自分自身に課題を課すことができる人間です」

●思いやり・気配り
「私は相手の立場に立って物事を考えることができます」

●企画力
「私は深く考えてアイデアを出すことに喜びを感じます」

●マネジメント力
「私は組織において問題を分析し、解決策を周りに支持することが得意です」

これらの一言フレーズはあくまで例ですが、自己PRを作る上で参考にしてください。
1つの強みに対していくつも一言フレーズを作り、納得のいくものを自己PRに使用しましょう。

自己PRで一言フレーズを使用する際は具体的なエピソードを付随させること!

いかがでしょうか?今回は自己PRにおける一言フレーズについてご紹介しました。
自己PRで面接官に好印象を与えるためにはいい一言フレーズを作ってアピールすることが最も効果的な方法でしょう。
自己PRの話し出しから興味を引くことができれば、その後の話もしっかり頭に入れてくれることになります。

注意してほしいのが一言フレーズをただ発表するだけの自己PRにならないようにすること。
強みに基づいた根拠を述べることは話に信憑性を持たせるためいにもとても大切です。
今回ご紹介した方法を実践して内定をぐっと近づけましょう!