自己PRの仕方とは?その方法と注意点 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己PRの仕方とは?その方法と注意点

自己PRの仕方が分からない人の中には、自分を積極的に売り込み、セールストークをするのが苦手な場合が多いです。
ですが、就活とは自分という商品を企業に売り込む場です。
自分という商品の売りは何か、企業が買ってくれる商品かどうか、考えてみましょう。

自己PRは徹底した企業研究から

toddler-878746_640
では、自己PRの仕方について、具体的に考えてみましょう。
自己PRは単に自分をアピールするものだから、相手が誰であれ、アピールポイントが変わることはないと思っていませんか?
その自己PRの仕方では、偶然通りかかった買い手(企業)が偶然売りに出していたものが必要だったので買った、そんな偶然に賭けなければ採用されません。

~自分のアピールポイントを企業のニーズに合わせると効果的!~

自己PRは、単に自分を思うままにアピールするのではなく、買い手(企業)が欲しがっている商品は何かを分析し、自分のアピールポイントをそれに近づけて自己PRする、それが自己PRの仕方の極意です。
ファミリーカーが欲しいお客にスポーツカーを勧めても買ってくれません。それと同じです。
ですから、まず最初に志望する企業がどんな人材を欲しているかと、自分自身の動機、なぜその企業に行きたいのかということを明確にしておきましょう。志望する企業が求めている人物像に合わせて、自分のアピールポイントを変えていきましょう。

自己PRの仕方について

1,志望する企業を研究する
 買い手(企業)が欲する商品は何かを調べます。
2,その買い手(企業)のニーズに合わせて自己PRを作成。
自分の経験の中から買い手(企業)に合うポイントを挙げます。
そのポイントにあった経験、具体的なエピソードを挙げて自分が貢献できるとアピールする。

~自己PRの根拠となるエピソードは具体的に書くこと!~

また、採用担当者は、就活生の成功体験はもちろん、失敗体験にも興味を持っています。
失敗も貴重な経験だと考えているからです。
なぜ失敗したのか、そのあとどうやって乗り切ったのか、周りの助けがあったのか、その時どう感じて、どう思ったのかなどなど、成功した場合も失敗した場合も同じで、より具体的なエピソードを用意しておきましょう。
このような客観的な分析が、もっとも大きなアピールポイントになります。

自己PRの仕方に関する注意点

自己PRの仕方は、ポイントを絞ってまとめましょう。
また、自分の長所を書く時には「計画性」「チャレンジ精神」「行動力」などなど、いいイメージのある言葉を使っても構いませんが、抽象的な言葉です。使い方には注意が必要です。

~抽象的な言葉だけではNG!具体的にイメージできるような自己PRが必須~

それを補う具体的な経験などにふれておくことが必要です。
「私はリーダーシップがあります。」とだけ書くより、それに続けて、「具体的な目標を掲げ、その方向に人をまとめていくことが得意です。」と書いてある人の方が、わかりやすいですね。
また、長所に触れる時にも必ずその根拠となる経験やその時感じたことなどを合わせて記入し、より具体的にイメージできるような仕方で、自己PRしていきましょう。

自己PRは企業が求めているニーズに合わせたアピールの仕方が効果的!

以上自己PRの仕方をまとめると、次のようになります。
まずは自分を知り、どんなアピールポイントがあるか、考えましょう。
そして同時に企業がどんな人材を欲しているか、分析しましょう。
自分がその企業の欲しがる人材としてアピールできるように、アピールポイントをすりあわせます。
そして具体的な経験を用意し、補強します。
そして面接本番では迷わず、自信を持って話すこと。ただし、これは経験が必要です。実践の場をできるだけ多くつくりましょう。

いかがだったでしょうか。少しでもあなたの就活の参考になれば幸いです。