自己PRの仕方とポイントについて | 新卒就活.com

2016/09/09更新

自己PRの仕方とポイントについて

自己PRの仕方とポイントについてご紹介します。
自己PRは履歴書やエントリーシートだけではなく、面接でもほぼ100%聞かれる大変重要な質問となっています。
自己PRの仕方で気を付けるべきポイントなどをおさえて、選考を突破していきましょう。」

自己PRの仕方1,企業にアピールする能力を決める

hands-423794_640

まず最初の自己PRの仕方として、面接で自己PRを聞かれる理由から紹介します。
自己PRはほぼ100%すべての企業で聞かれす。
では、面接官はこの質問で何を知ろうとしてしているのでしょうか。
それは、あなたが企業で働くにあたってどんな能力を持っているかを知るためです。

●企業がが求める能力を学生を持っているかを確認するため

サービス業界であれば、コミュニケーションスキル、コンサルティングであれば論理的思考力、IT業界であればパソコンのスキルなど、企業によってそれぞれ違っています。
そして、面接官は自分の会社が求めている能力を学生を持っているかを確認するためにこの質問をするのです。
ですので、具体的な自己PRの仕方を考え前に、企業にどんな能力をアピールするのか明確にしましょう。

自己PRの仕方2,能力を裏付けるエピソードを話す

次の自己PRの仕方のポイントを、学生がアピールする能力を裏付けるエピソード、実績を交えて話すということです。
単に〜が得意です、と話すだけでは面接官は信じてはくれません。
ですので、自分はどういう経験をしてきて、このように努力をしてきたため、このようの能力を得た、という流れにしましょう。

●能力を得るまでのプロセスを具体的に記すこと!!

構成の組み立てか自己PRの仕方ポイントでもあります。
学生の多くはこれらのエピソードとして、留学経験、ゼミ、サークル活動、ボランティア活動などをあげます。
ですがエピソードは必ずしも大きいものである必要はありません。
自分が自信を持って話せるエピソードを元に自己PRを作りましょう。

自己PRの仕方3,話す姿勢に気を配る

最後に自己PRの仕方において一番重要なことですが、それは印象です。
ほとんどの企業はこの自己PRを面接の一番最初に聞いてきます。
ですので、この質問の答えで第一印象が決まると言っても過言ではありません。

●相手に伝わりやすい話し方とわかりやすい内容が重要!

まずは、相手の目を見てハキハキとしゃべること、そして早口にならないよう適度に間をとって話すのが理想的な自己PRの仕方です。
下を向きながら自信がなさそうに、小さな声で話すのはいけません。
コミュニケーション能力がないと判断されてしまいます。
重要なことは、相手に自分のことを伝えよう、理解してもらおうという熱意です。

自己PRの仕方で相手に伝える姿勢!2分間を大切に使おう

ここまで自己PRの仕方について述べてきましたが、自己PRにおいてあなたが面接官についてて得るべきことは、いい第一印象、熱意、能力です。
最初の2つに関しては、話し方など全てが決まります。

ですので、本番前には必ず鏡の前で練習するか、友人に見てもらうかしましょう。
そして、能力に関しては、全体の構成をしっかりと練り、エピソードと能力が面接官に伝わりやすいように工夫しましょう。
自己PRの時間は、平均で約2分間です。
自己PRの仕方は人によって様々なですが、最低限上記の内容は守り有効な2分間にできるように頑張りましょう。