自己PRの書き出しで印象を残す方法 | 新卒就活.com

2016/08/31更新

自己PRの書き出しで印象を残す方法

自己PRの書き出しで印象を残す方法をご存知ですか?
エントリーシート、履歴書など自己PRを書く機会は多いと思います。
何よりも重要なのは自己PRの書き出しです。
その書き出しで採用担当者の目を惹き付けるか否かで書類選考の結果は大きく左右されることでしょう。

自己PRの書き出し方1,インパクトのある一文を!

internet-594148_640
就職活動における履歴書やエントリーシートなどでは自己PRが欠かせません。
よく、どんな書き出しがいいのかという自己PRの本を読んでみると、その一文で読み手を惹きつけるような内容が良いと書いてあります。
しかし、惹きつけるというのは相当難しいものです。相手に、「これはどういうことなんだろう、気にあるからもっと読みたい!」そう思わせなければならないわけです。

~始めに結論を端的に言うのが重要!!~

例文の書き出しには、「私は動物で言えばラクダです。」なんてものもあります。
続きを読まなければ一体何が言いたいのかわからない例ですね。他には、結論を先に端的に言うのが重要ということもよく言われます。
人事はすごい数の履歴書を読むので、いかにインパクトが残せるかが勝負どころとなってくるでしょう。

自己PRの書き出し方2,まずは自己分析をすること

では自己PRの書き出しを上手く書くためにはどうしたらよいのでしょうか。
まずは自己分析をしなければ書けませんね。自分は一体どんな性格なのか、頭の中ではなく紙などに書き起こしてみましょう。
これで頭の中が整理できます。

~友人からの客観的な意見を取り入れる~

自分の思っている自分と、他人が思っている自分は違う可能性があります。ですから、友達に聞くのがお勧めです。同じ就活仲間なら、自己PRの書き出しを考えていると言えばすぐに理解してくれるでしょう。
外で働くわけですから、家族という中の存在よりも、外の顔をしている時にそばにいる学校や職場の友達に聞く方が、より働く時のあなたに近づけると思います。こうして自分の性格を把握し、ひとつだけピックアップできるものの候補を探しましょう。

自己PRの書き出し方3,自分を一言で表せられる言葉を探す

さて、自分の性格を書き出し終わったら、今度はどれが自分を表すにふさわしいものかを探しましょう。
できれば短い言葉で表したいです。
何故なら、自己PRは書く場所が大変限られている上、書き出しとなると長い一文は読み手をそれだけでうんざりされてしまうからです。

~具体的なエピソードがある自己PRを書こう!~

自己PRでは、自分の悪い面は隠した方が良いと考えるでしょう。
しかし、短所は長所の裏返しというように、短気は熱中しやすいとか、その場しのぎは臨機応変などに変えられます。
自分が一番書きやすいだろうなという性格が良いでしょう。特に、それについての具体的エピソードがあるとすれば尚良いです。
それによって話に信頼性が増し、面接の場でもつっこまれる可能性があります。

自己PRは簡潔に!インパクトのある書き出しがポイント!!

上記のことを順序を守って行っていけば、自己PRの書き出しはまず失敗しないはずです。コツは、
とにかく簡潔に!です。
もっと詳しく書きたくなるものですが、それは面接でしっかりと自分の口で話せますから安心しましょう。
むしろ、自己PRを読んで、相手が「もっと詳しく聞きたくなってきた」と思えば面接まで呼んでもらえる確率も高くなります。

このように、面接に辿り着くまでには履歴書は非常に重要なものとなってきます。
書き出しで相手に履歴書全部に目を通させるようにし、私はこんな人間だ!と思いのたけを思い切りぶつけましょう。
そして一度完成させたら、他の人にも見てもらい、客観的なアドバイスを求めてみましょう。
これでどの企業に見せても恥ずかしくない自己PRの完成です。