自己PRの書き方で重要なポイント【転職編】 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己PRの書き方で重要なポイント【転職編】

転職を成功させるための自己PRの書き方があります。
学生には新卒の自己PRの書き方が、社会人には転職の自己PRの書き方があるのです。
たとえ前職での経験が未熟だった第二新卒者でも、新卒の時とは違った自己PRをしていく必要があるのです。
では、転職の際の正しい自己PRの書き方を紹介していきます。

転職者向けの自己PRの書き方1,前職の経験をアピールする

pen-956471_960_720
たとえ第二新卒であろうと、短い就業期間であったとしても、前職の経験からアピールできることは必ずあります。
ですから、基本的には転職の際の自己PRの書き方としては、前職からの活かせる経験をアピールするということがオススメです。
それは何も、実務に関係あることでなくとも構わないのです。
ビジネスマナー研修は受けたから、その経験を活かしたいとか、そんなことでも良いのです。

●直接実務に関係がないものでもしっかりアピールしよう!

アピールポイント自体も大切ですが、転職の自己PRの書き方としてはそれと同じくらい、どんな状況からでも何かを学ぼうという姿勢を見せることが大切なのです。
ですから、実務に関係あることはもちろん、関係ないことでも、前職からの経験をアピールするということが大切になるのです。

転職者向けの自己PRの書き方2,仕事以外の経験をアピール!

アピールポイントは1点でなくとも構いません。
ですから転職前の会社からの経験でのアピールに加え、それとは別のところで身に着けたアピールポイントも記載していくと良いでしょう。
それもまた転職の際の自己PRの書き方として大切なことの1つです。
特に前職での経験が短く、1つのアピールだけではちょっとアピールが弱いという方であれば、そうして別の所からのアピールがなおさら有効になるでしょう。

●箇条書きでアピールポイントを記載すると吉!

そうしていくつかアピールポイントがある場合は、箇条書きでアピールポイントを記載していくという自己PRの書き方が良いでしょう。
そうするとたくさんアピールポイントを書いてもすっきり見やすくなりますし、読みやすいことで印象もとても良くなることでしょう。
ですから、複数アピールポイントがある場合は、箇条書きで書きましょう。

転職者向けの自己PRの書き方3,将来への活か仕方を述べる

いくつかあるアピールポイントを将来どう活かしていくかを記載していくのか、転職の際の自己PRの書き方としてはとても大切です。
もちろん前職からの経験しかアピールポイントを記載しない場合でもそれは同じことです。
将来的にそれをどう活かすかを記載していくことで、相手を安心させてあげることができるようになるでしょう。

●転職者特有の不安を消すことも可能!

というのも、採用担当者が抱くのは「また転職されたらどうしよう」という不安です。
ですから将来性を絡んだ自己PRの書き方をして、長く勤める意志をアピールすることで、採用担当者の不安を取り除いてあげるのです。
「5年後10年後とずっとこの会社にいることを考えているよ」と、こういう自己PRの書き方をして教えてあげましょう。

転職者向けの自己PRでは将来を見据えた内容にすることで採用担当者の不安を払しょくできる!

以上、転職の際の正しい自己PRの書き方のご紹介でした。
転職の際の自己PRは、こういう自己PRの書き方をしていくのが一番良いです。
しっかりと自分の状況を理解して、相手に不快感を与えない自己PRを書いていくようにしてください。