自己PRの書き方について【専門学校卒編】 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己PRの書き方について【専門学校卒編】

どんな場合で自己PRは大切ですが、こと専門学校卒になると、大卒の就活とは異なります。
専門学校卒の就活ではある程度の専門的な知識や経験を有していることが前提になりますから、新卒採用のライバルたちに差をつけるにはその点を自己PRできるかが一番のポイントになります。

自己PRの重要性と注意点について

cooperate-458652_640
自分をアピールするのがどうも苦手という人を時々見かけます。
しかし、苦手だからといって自己PRをせずに何もしなければ、せっかくのチャンスをみすみす逃してしまうことになりかねません。

~就活とは自分を売り込むこと!積極的自己PRしよう~

そもそも、就活とは自分という商品を売り込む行為なのですから、採用する(商品を購入する)企業にとって価値があると分かって貰えなければ、採用されません。
苦手だからこそ積極的に自分をアピールする方法を考えましょう。自分が企業にとって必要な人材であることを印象付けるためにも、自己PRに力を入れましょう。ツボを押さえて自分の長所をアピールしましょう。

自己PRの書き方1,まずは紙に書き出す

自己PRを初めから上手くできる人はいません。
また、どこをアピールするのがいいのかは、人によって違います。多くの人は採用面接時に自分の何をアピールしたら一番良いのか迷ってしまうのは当然です。

そのために、まず紙にアピールできそうなものをすべて書き出し、何が自分の売りになるのかを客観的に見つめます。
専門学校で学んだことを自己PRの材料にするのは誰しも思いつきますが、学校で学んだことの何をアピールするのが自分にとってベストか、自己PR力を高める一つの方法として、まず紙に書き出してみましょう。
そこで一旦頭に浮かんだことを紙に書き出して可視化し、思いつくままに書いたメモを見ながら自己PRを作っていきましょう。

~過去の経験を分析して自己PRの柱となる共通点を洗い出す~

前述のように、メモにして可視化した後は、分類・分析し、自己PRの柱を何にするか、考えていきます。
性格や特技、専門学校で学んだことや専門学校で培った意欲などを思うままに書き出し、一つ一つについて詳しく分析し、共通しているものをまとめ、グループ化して補強していけば、何が自分の売りになるかが、浮かび上がってきます。
そこから更に具体的な事例やエピソード、あるいは将来の希望などを加えていけば、採用面接で十分通用する自己PRなると思います。

自己PRの書き方2,添削で完成度を上げる

自己PRは履歴書やエントリーシートに記入する場合が多いのですが、一気に書き上げてしまってはいけません。
どんなにうまくまとめたつもりでも、一度の記入で完成させるのはほとんど不可能です。
文章の上手い人というのは皆完成させた文章を読み返して添削しているものです。
書き上げただけで満足せず、添削して完成度を高めましょう。
まずは自分で文章を読み返し、不自然なところや多すぎる文章を直していきます。

●自分で直した後は第三者に見てもらうこと!

自分で一通り添削した後は、専門学校の就職活動担当者や専門学校の指導者に添削を依頼してください。
専門学校の関係者は、毎年多くの採用面接の自己PR文に目を通していますから、どのような自己PRが読みやすく印象をアップさせることができるのかについて詳しく知っているものです。
添削を頼めば具体的な指摘をもらえますから、指摘され箇所を手直ししてより良い自己PRを完成させてください。

自己PRで重要なのは専門学校で学んだ経験を企業でどう活かすのか示すこと

よく勘違いする人がいますが、自己PRは単なる自慢話でも自慢でもありません。専門学校でどのようなことを学んだのか、そして、新卒採用されたらそれをどのように仕事に活かしていくのかを示すものですから、ウソや誇張を盛り込むと自分の首を絞めることになってしまいます。
専門学校の人にアドバイスをもらえば、不慣れな人でも素晴らしい自己PRを完成させることができます。
自分自身を客観的に見つめ、正直な気持ちを相手に伝える気持ちで書きあげて下さい。