自己PRの構成で効果的にアピールする方法 | 新卒就活.com

2016/09/14更新

自己PRの構成で効果的にアピールする方法

自己PRの構成で効果的にアピールする方法についてご紹介します。
就職活動は自分を売り込むこと=自己PRへ繋がります。
自己PRは志望動機と同じくらい重要な項目です。
そんな自己PRでは内容を重視する就活生が多く見受けられます。
ですが内容で勝負するよりも大切なのは構成だというのを覚えておきましょう。

自己PRの構成1,結論から書く

the-london-eye-769266_640
印象的にアピールできる自己PRの構成としてまず最初に書くべきことは、アピールポイントです。
アピールポイント。つまり、自己PRにおける結論から先に書き、そこで目を引きつけて残りの文章を分かりやすくさせるというのが適切なのです。

●アピールポイントを冒頭に持っていき補足の説明を後付けする構成がベスト!

こう書くとここから下の文章が結局何を言いたいのかというのが常にわかるようになり、文章全体が分かりやすくなるのです。
同じ文章を書いていてもこうして結論を先に書く構成と、適当な構成とでは分かりやすさが大きく違います。
ただでさえみんな長くなりがちな自己PRは分かりやすさというのが重要なポイントとなります。

自己PRの構成2,証明するエピソードを書く

 
そうしてアピールポイントを記載したら、自己PRの構成として次に書くべきは、アピールポイントを証明するエピソードです。
アピールポイントを述べて、なぜ私にこういうアピールポイントがあると思ったかというと、そこにはこんなエピソードがあります。
と書いていくのは自然な流れで読みやすいです。

●アピールポイントの根拠を明確にすることで説得力が増す!

読みやすいだけでなく、証明がないとアピールポイントはいくらアピールしても意味がないです。
ですから次の段階で証明をいれます。
早めに根拠を示し、説得力を高めてあげる必要があるのです。

ですから、印象的にアピールできる自己PRの構成としては、次にそのアピールポイントが確実に自分に備わっていることが証明できるエピソードを記載するようにしていきましょう。

自己PRの構成3,入社後の活かし方を述べる

 

印象的にアピールできる自己PRの構成として最後に書くべきは、これからその能力をどう活かして行くかということをアピールする部分の文章です。
結局能力があっても、それの活かし方が分からないと魅力的には見えないものです。
ですから、自己PRの最後には必ずそれをこれからどう活かして行くのかを、具体的なそこでの業務と照らし合わせながら記載していくようにしてください。

●志望する企業ならではの特徴に合わせた活かし方が重要!他社との差別化を図ろう!

どこの会社でもいかせることではなく、出来ればその会社ならではの活かし方を見つけるとなお良いです。
そうして差別化をつけると非常に良くなるので、構成だけに注意するのではなく、内容にもあわせて注意してみてください。

自己PRは結論→エピソード→入社後への活かし方の3部構成がベスト!

こうした3部構成で自己PRを書いていくことが、自己PRにおける最適だと言えます。
自己PRはたくさんの構成からなる長いものが良いというものでもありません。
勿論構成がめちゃくちゃなものも良くありません。
大事なところだけおさえた読みやすい量にすることが大切なのが自己PRです。
だからこそ、こうした構成がベストとなるのです。
この構成でなら、いらないところはしっかりと省き、かといって大切なことはきちんとアピールできる、完璧な自己PRができます。
つまり、印象的にアピールできる効果的な自己PRができるのです。ぜひ参考にしてみてください。