自己PRをする際に学生がおさえておくべき3つのポイント | 新卒就活.com

2016/09/09更新

自己PRをする際に学生がおさえておくべき3つのポイント

自己PRをする際に学生がおさえておくべき3つのポイントについてご紹介します。
就職活動をするうえで「自己PR」は切っても切り離せないキーワードですよね。履歴書、エントリーシート、面接で必ずといってもいいほど聞かれます。
自己PRを考える際に学生の皆さんに押さえてほしいポイントを説明していきましょう。

自己PRする際のポイント1,学生目線ではなく会社目線で自己PRする

view-768429_640

会社が面接で学生に自己PRをさせるのは、その学生が入社後に戦力になるかどうかを調べたいからです。
したがって、自己PRでは自分が長所だと思う部分について語るのではなく、会社が長所だと思ってくれそうな部分について語るべきです。
例えば、どんな会社を受けるにしても、論理的思考能力やコミュニケーション能力、忍耐力、前向きさ、積極性などは高く評価してもらえます。

●社会人に分析してもらうと自己PRのヒントが得られる

学生の感覚と会社の面接官の感覚にはズレがあります。
学生が自分で考えた自己PRがあまりにも学生目線すぎて、面接官には自己PRに聞こえないというのはよくあることです。
感覚のズレを埋めるために、身近な社会人に自分のどんなところが長所か聞いてみるのがおすすめです。”

自己PRする際のポイント2,受ける会社によって合わせる

時間をかけてひとつの自己PR文を完成させて、それを複数の会社で使いまわす学生もいます。
しかし、高評価される自己PRの内容は、会社によって変わってきます。
受ける会社ごとに異なった自己PRをすべきです。
自己PRの際の学生の態度や話し方を見れば、使い回しかどうかが分かると言う面接官もいますから甘く考えてはいけません。

●仕事内容の違いに応じて自己PRを変えるのがポイント

例えば、メーカーの営業職と、公務員の事務職の両方に応募したとしましょう。
その場合、メーカーの営業職の面接では積極性や行動力をアピールするのがよいでしょう。
一方、公務員の事務職の面接では同じような内容をアピールするのではなく、思いやりや柔軟性をアピールすべきです。

自己PRする際のポイント3,長所を絞りこむ

早口で、あれもこれもと長所を詰めこんだ自己PRをする学生もいますが、よくありません。
面接官は限られた時間の中で、大量の学生の中から、ごく少数の内定者を選び出すという作業をしています。
じっくり時間をかけてひとつの内容に絞った自己PRをしないと、面接官の記憶には残りません。
また、他の応募者と比較して自分がどう優れているのかも伝わりませんから内定は得られません。

●他の学生が真似できないような自己PRを考えてみること

いろんな長所があって、どの長所に絞って自己PRをすればよいか迷う場合は、それぞれの長所について、他に真似できる学生がいるかどうか考えましょう。そして、できるだけ真似できる人が少ない長所を選んで自己PRを構成すべきです。そうすれば、確実に面接官の記憶に残る自己PRが作れます。

自己PRをする際に学生がおさえておくべき3つのポイントまとめ

就職活動の面接で学生が上手に自己PRするためには3つのポイントを抑える必要があります。

・1つ目のポイントは、学生目線ではなく会社目線で自分を分析すること。
・2つ目のポイントは受ける会社によって内容を変え、その会社に合った自己PRをすること。
・3つ目のポイントは他の人が真似できないような長所をひとつに絞り込んで、濃い内容にすること。

以上の3つのポイントを守った自己PRをすれば、面接官に好印象を与えられ、内定がもらえる確率が高まるはずです。