自己PRをエントリーシートの作文で上手く書くコツ | 新卒就活.com

2016/09/14更新

自己PRをエントリーシートの作文で上手く書くコツ

自己PRをエントリーシートの作文で上手く書くコツについてご紹介します。
就職活動=自分を売り込むこと=自己PRは志望動機と同じくらい重要な質問です。
エントリシートで出される作文のお題に「自己PRを書きなさい」なんていう指定されるくらい、採用担当者が見たいポイントでもあるのです。

自己PR作文のテーマを絞り込む

girl-933644_640
企業によってはエントリーシートの自己PR欄に作文を書いてくださいと求められることもあります。
そのとき作文の書き方を知っておくと採用担当に好印象を与える自己PRをすることができます。
自己PR作文では自分の強みや得意なことと、さらにはアルバイトの話やサークル活動の話と人によりその内容は様々ですが、全てにおいて共通しているのが「分かりやすい文」を心がけることです。

~相手が読みやすい文を心掛けること!~

そのためには作文にするテーマを絞り込みましょう。
自分をアピールしたいがあまりに話が四方八方に飛んでは伝えたいことも伝わらなくなってしまいます。

自己PR作文の構成方法とは

自己PR作文でおすすめの構成方法とは「PREP法」と呼ばれる手法です。
「PREP法」とは【Point・Reason・Exemple・Pointo】の頭文字を取ったものであり、日本語にすると【結論・理由・具体例・結論】となります・
まず先に結論を述べ、その次に理由、具体例と続き最後にまた結論を持ってくるという手法です。
この手法を使うことにより自己PR作文で伝えたいことがよ伝わりやすくなります。

~PREP法を利用したシンプルな構成が適切!~

■結論
私の強みは〜です。

■理由
その強みが発揮されたのは〜のときでした。

■具体例
そのとき〜とう課題があり、それを解決するために〜に取り組みました

■結論
これらのことから私の強みは〜となります。

自己PRの作文を作成する際の注意点

自己PR作文ではテーマを絞ると説明したように、1つの作文の中にいくつもの話を盛り込むのはNGです。
「私には部活動で○○とうい成績を残し、アルバイトでは○○を頑張りました。またサークル活動では代表を務めました」これでは結局なにが言いたいのかさっぱり伝わりません。

~結論から述べること!話を詰め込みすぎるのはマイナス評価になる~

さらに自己PR作文の始めに結論を述べない書き方もやめましょう。
最後の結論に至るまで何を言いたいのかがわからないというのは聞いている側からするとなかなか辛いものがあります。
特にビジネスシーンでは結論から述べるというのを求められるため、注意したいことの1つです。

自己PRをエントリーシートの作文に書く際は起承転結を意識すること!

自己PR作文は私達が義務教育で習った「起承転結」を用いて書くことも有効な手法のひとつです。
その際もまずはしっかりと結論から述べるように気をつけましょう。
作文と言われるとなんだか小学生レベルの文章でもいいのか?と思われるかもしれませんが、いいんです。

自己PRで大切なのは綺麗な文章を書くことでも小説家レベルの文章を書くことでもなく自分を上手に伝えるということです。
むしろ小学生が読んでも分かるような文で書くほうが伝わりやすいといえます。
今回ご紹介した手法と注意点を踏まえて好印象を与える自己PR作文を書きましょう。