自己PRをパワーポイントで上手くアピールする方法 | 新卒就活.com

2016/09/14更新

自己PRをパワーポイントで上手くアピールする方法

自己PRをパワーポイントで上手くアピールする方法についてご紹介します。
最近の面接では「自己PRをパワーポイントを使ってアピールしてください」と言われる場合があります。
面接までにパワーポイントを用意する必要があるのですが、その作成方法と注意点をみていきましょう。

面接でパワーポイントを使用することがある

dandelion-341464_640
タイトルを見てパワーポイントで自己PR?どういうこと?と思われる人が多いでしょうが、実はそんなことを言っていられないのが現実です。
近年ではパワーポイントを使って就活生に自己PRをさせる企業が増えているのです。

~パワーポイントを使って効果的に自己PRをする必要性がある!~

もしそんな面接に出会ったときに効果的に自分をアピールしなくては面接で落とされる結果になるので、しっかりと作り方を学んでおいた方がいいでしょう。
パワーポイントを使用して自己PRさせる理由は基本的なPCスキルと、通常の自己紹介に比べてより就活生のコミュニケーション能力をはかれることがあげられます。

自己PRをパワーポイントでアピールする方法1,シナリオをつくる

就職活動の自己PRに限った話ではありませんが、パワーポイントを使って資料を作るのが下手な人の特徴は、シナリオを作らずに書き出してしまうことです。
パワーポイントで自己PRをするということは図や見出しを駆使してプレゼンテーションするということなので、シナリオなしに書き出してしまっては起承転結がなく何が言いたいのか分からない内容になってしまいます。
そのためシナリオを始めに作ることが大切なのです。

■自分の強み
■それに基づいた経験
■企業への貢献

まずはシナリオをこの大項目にわけて考えてみましょう。
具体的に決めれば決めるほどいいものに仕上がります。

自己PRをパワーポイントでアピールする方法2,補足説明は口頭で

パワーポイントで大項目から中項目、そして小項目と項目を分けていくはいいですが、分けすぎには注意してください.
いくらパワーポイントを使用するといってもあくまで自己PRであり、企画のプレゼンテーションや論文を発表するわけではありません。
あまりに詳細化し過ぎてしまうと逆に伝わりづらくなってしまいます。

~項目を区切りすぎないこと!自分の言葉で足りないところは補足しよう~

そこで効果的なのはときに言葉を使うこと。
画面に出てくる細かく説明書きされたことをただ読み上げていくのではなく、項目は中項目までにとどめあとは自分の言葉で自己PRをしていく。
このほうがダイナミックさも生まれ効果的に自己PRすることができます。

自己PRをパワーポイントでアピールする際はシンプルな演出を心掛ける!

最後に、パワーポイントを使って自己PRを作成していると様々なエフェクト効果をつけられることから調子に乗って色々なエフェクトをつけてしまいがちですが正直見る側からするとうっとおしいというのが事実です。
そのためエフェクトはページ変更の軽いものにとどめておき、余計な演出は控えたほうがいいでしょう。

パワーポイントでの自己PRは難しいと感じるかもしれませんが、そう頭を悩ませる必要はありません。
項目をいくつかにわけ、あとは自分の言葉で自己PRをすればそれなりに格好のつく自己PRができます。
大切なのは上手に資料を作ることではなく、上手に伝えることです。