自己PRをフレーズ化させるメリットと方法 | 新卒就活.com

2016/01/14更新

自己PRをフレーズ化させるメリットと方法

自己PRをフレーズ化させるメリットと方法をご紹介します。
その人の人となりが伝わるのがやはり自己PRです。企業側はこの自己PRで、就活生の人となりを判断します。
ですので、自己PRに一味加えることが大切になってきますし、企業側にも覚えやすいフレーズが重要となってくるのです。

自己PRをフレーズ化させるメリット

connect-316638_640
就活生の自己PRには、大学時代にこんなことをやってきたとか、バイト先でこんな経験をした、また、自分はこんな性格なので御社に向いているといったものが目立ちます。
しかし多くの採用をこなす場合、大勢の方がこのような内容だったら、どのようにジャッジすべきでしょうか。

●フレーズを使うことで他者との差別化にも繋がる!

企業側も、なんの面白味もなく、その他大勢といったような自己PRであれば、書類審査の段階ではじいてしまいます。
そうならないためにも、自己PRでフレーズの導入が必要になってくるのです。
「私はこんな人です。何々といったら私です。私を一言で表すとこれこれです。」といったように、自分の強みや性格を通して、自分なりの言葉で表現することで他者との差別化にも繋がります。

自己PRでフレーズを活用する方法1,自信のある強みで作る

就活の自己PRでは、嘘をついて自分を大きく見せようとしても、結果的に面接で失敗してしまうケースも数多く見受けられます。
自己PRは本当に話せること、やってきたこと、そして、自信のある内容で作ることが大切です。
それをフレーズ化して説明することができれば、企業側にもすぐに理解してもらえ、採用したいと思われる人材になることでしょう。

●ユニークなフレーズはインパクトを与えることができる!

フレーズは、理由もしっかり語ることができるといった前提があるうえで、ユニークなものであれば、よりいっそう企業にインパクトを与えることができます。
一度は会ってみたい、この先もいっしょに働きたいと、企業側に思ってもらえれば成功なのです。

自己PRでフレーズを活用する方法2,キャッチコピーと捉える

自己PRのフレーズづくりというと、難しく聞こえてしまうかもしれませんが、自分自身を端的に表すキャッチコピーとしてとらえるとよいでしょう。
たとえば、「私は協調性があります」とか、「チームワークが得意です」と言っただけでは、その他の就活生の自己PRに埋もれてしまいます。

●自己分析をした上でインパクトがあるフレーズを作成しよう!

しかし、例えば、「私はまるでボンドのような存在です。バラバラなチームに入り込んでも、人同士をつなぎ合わせ、まとめられます」と答えれば、採用担当者のひっかかりも変わってきます。
ですので、事前の自己分析をしっかりと行ない、自分の強みや長所をきちんと把握し、インパクトがあるフレーズを作れるようにしましょう。

自己PRをフレーズ化する際は自信のある強みにユニークさを取り入れて作成しよう!

このように、就活の自己PRでは、企業の採用担当者にインパクトを与え、忘れられずにこの先も会いたいと思わせるようなフレーズづくりが大切になってきます。
しかし、あまり難しく考えるのではなく、ユニークさや個性を大事にして、自分をアピールできるよう頑張ってください。